【ライブレポート】神宿×かみやど、最初で最後のツーマンライブ

ツイート

神宿と、神宿の研修生ユニット・かみやど(ひらがなかみやど)の初のツーマンライブが5月7日、横浜Bay Hallにて開催された。

◆かみやど ライブ画像(28枚)
◆神宿 ライブ画像(25枚)
◆両グループ ライブ画像(16枚)

2014年結成の神宿は、2019年に緑担当・関口なほの勇退を受けて、新メンバーオーディションを開催。そのとき新メンバーに選ばれたのが現・緑担当の塩見きらで、惜しくも選ばれなかったが、オーディションのファイナリストに残ったメンバーで結成されたのが、かみやどだ。同じ事務所の姉妹グループとも言える関係でありながら、両グループが同じライブで相対するのは初めてのことになる。


先攻は、かみやど。この日がお披露目となるモノトーンの衣装で、新曲「嘘のない世界」を初披露。普段は神宿のカバー曲もライブで唄う彼女たちだが、この日は「color 」「キセキの唄 」「ニジノムコウヘ 」「透明なRainbow」「君のために鳴らすファンファーレ 」「スーパーヒーロー」など、オリジナル曲を中心に全8曲を披露した。


続いては、神宿のターン。1曲目の「Brush!!」、最新アルバムから「MAD GIRL」、そして最新シングルの「FANTASTIC GIRL」と現在の神宿を見せる一方で、「CONVERSATION FANCY」「グリズリーに襲われたら♡」「全身全霊ラプソディ」「お控えなすって神宿でござる」「春風ambitious」と、ライブで盛り上がる曲を立て続けに披露。


最後は、今夜限りのスペシャルコラボとして、2年前の最終選考ライブとなった豊洲PiTの舞台で全員で歌った「はじまりの合図」を10人で披露。それぞれのグループにとっての、2年間の歩みと成長を感じらせられる場面だ。


幕間のトークコーナーでは、神宿のMC担当・羽島めいが、かみやどをゲストに招き、「ひらがなかみやどinはしめいの部屋」という企画を実施。メンバーの悩みを鮮やかに解決しつつ、「嫌なこと、悩みもたくさんあると思うけど、大丈夫です。一緒に解決して、一緒に進んで行きましょう」と後輩たちにエールを送った。


研修生ユニットとしてのかみやどは、6月末での活動終了を公表しており、このライブはこの2組での最初で最後のツーマンライブとなる。だが、この時間が、参加した2組とそれを支えるファンにとって、特別な時間となったのは間違いないだろう。


セットリスト

■かみやど
1.嘘のない世界
2.color
3.キセキの唄
4.ニジノムコウヘ
5.透明なRainbow
6.君のために鳴らすファンファーレ
7.僕らはここにいる
8.スーパーヒーロー

■神宿
1.Brush!!
2.MAD GIRL
3.CONVERSATION FANCY
4.グリズリーに襲われたら♡
5.FANTASTIC GIRL
6.全身全霊ラプソディ
7.お控えなすって神宿でござる
8.春風ambitious

■神宿&かみやど
1.はじまりの合図

この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報