コートニー・ラブ、トミー・リー&パメラ・アンダーソンのドラマ制作を非難

ツイート

アメリカの動画配信サービスHuluがモトリー・クルーのトミー・リー(Dr)と女優のパメラ・アンダーソンの関係やセックステープ流出スキャンダルを描くドラマ『Pam And Tommy』を制作していることに、パメラの友人、コートニー・ラブが怒った。

すでに削除されたが、『People』誌などによると、コートニーは先週、ドラマについて伝える記事をFacebookに投稿し、「これってマジで酷いと思う」と非難したという。

「パムとトミーのセックステープが流出したとき、私と@pattyschemel @xmadmxはアルバムを作っているところだった。LAに数あるレコーディング・スタジオで女性は私たちだけ。そのほか全ての人たちが、全員よ! エンジニア、プロデューサー、オーナーたちは大喜びであのセックステープを見てた。げらげら笑ってさ、サイテーだった。私はあれについて話すことを禁じたわ。あれは私の友達、パメラの人生を破壊した。徹底的に」

コートニーは、最近、ドラマの制作者から連絡があり、彼女が表紙となった雑誌を再現し使用する許可を求められたが断ったと明かし、「パミーに同情する。さらに複雑なトラウマが引き起こされようとしている。そして、リリー・ジェームズ、恥を知りなさい」と、パメラを演じる女優をも糾弾したという。

ドラマにはリリー・ジェームズに加え、セバスチャン・スタンがトミー・リー役で出演する。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報