ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、ラテンポップの歌姫ロザリアとのコラボ作「NOTHING’S SPECIAL」解禁

ツイート

2018年末、ラテンポップの歌姫ロザリアが投稿したワンオートリックス・ポイント・ネヴァー (OPN) とのスタジオ写真は、FADERやRolling Stoneなどの海外メディアが取り上げるなど話題となり、音楽シーンで異彩を放つ二つの才能のコラボレーションに注目が集まった。

◆ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー 関連動画&画像


その後、2人のアーティストは、様々なプロジェクトで注目を集め、さらに大きな存在へとそれぞれ成長してきた。 2021年だけを見ても、OPNはザ・ウィークエンドと頻繁にコラボレーションを行っており、大きな話題を集めたスーパーボウルのハーフタイムショーでは音楽監督を務め、先週開催されたブリット・アワードでも共演。

現在次回作のレコーディング・セッション中というロザリアは、今年、すでに2つのコラボレーション・シングルをリリースしている。 ビリー・アイリッシュとの「Lo Vas A Olvidar」は世界的に称賛され、プエルトリコのバッド・バニーとの「La Noche de Anoche」は、リリース日にスペイン語の楽曲としては史上最多の再生数を記録し、ビルボードの「ラテン・エアプレイ」チャートで1位を獲得、米人気音楽番組「Saturday Night Live」でもパフォーマンスを披露した。


ますます異彩を放つ二つの才能がコラボレートした新曲「Nothing’s Special」が本日新たに公開された。本楽曲は、高い評価を集めたOPNの最新作『Magic Oneohtrix Point Never』の本編ラストに収録されたものに、ロザリアがヴォーカルを提供し、OPNによって新たにアレンジを加えた曲となっている。

TIME誌、Pitchfork、ele-king、 rockin'onなど国内外の年間チャートに多数ランクインし、昨年最も評価の高い作品の一つとして挙げられている『Magic Oneohtrix Point Never』には、エグゼクティブ・プロデューサーも務めたザ・ウィークエンドが、「No Nightmares」でヴォーカル参加した他、アルカ、キャロライン・ポラチェク、ネイト・ボイス、ノーランベロリンらが参加。さらにシングル「Lost But Never Alone」のミュージックビデオは、映像作家のジョシュ・サフディとベニー・サフディが監督を務めている。OPNとサフディ兄弟は、長年に渡ってコラボ レーションを続けており、カンヌ映画祭で最優秀サウンドトラック賞を受賞した映画『グッド・タイム(原題:Good Time)』(2017)と『アンカット・ダイヤモンド (原題:Uncut Gems)』(2019) では、OPNが音楽を担当した。


『Magic Oneohtrix Point Never』

2020年10月30日(金) リリース
WARP / BEAT RECORDS
国内盤CD
国内盤特典:ボーナストラック追加収録 / 解説書封入
BRC-659 ¥2,200+税
国内盤CD+Tシャツ
BRC-659T ¥6,000+税

輸入盤CD WARPCD318
限定輸入盤2LP+DL WARPLP318Y (クリア・イエロー・ヴァイナル)
通常輸入盤2LP+DL WARPLP318 (ブラック・ヴァイナル)
BEATINK限定 輸入盤2LP+DL WARPLP318O (クリア・オレンジ・ヴァイナル)
BEAINK限定 カセットテープ WARPMC318

■TRACKLISTING
01. Cross Talk I
02. Auto & Allo
03. Long Road Home
04. Cross Talk II
05. I Don’t Love Me Anymore
06. Bow Ecco
07. The Whether Channel
08. No Nightmares
09. Cross Talk III
10. Tales From The Trash Stratum
11. Answering Machine
12. Imago
13. Cross Talk IV / Radio Lonelys
14. Lost But Never Alone
15. Shifting
16. Wave Idea
17. Nothing’s Special
18. Ambien1 (Bonus Track for Japan)

◆BEATINK オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報