【インタビュー】ルーカス・グラハム、失恋バラードに愛と現実「それでも君にハッピーであってほしい」

ツイート

ルーカス・グラハムが5月14日、最新バラード「ハッピー・フォー・ユー」を配信リリースした。“別れても君には幸せでいてほしい”と歌う切ない愛と現実が描かれた同バラードは2021年一発目となるシングルであり、新たなチャプターの始まりとなる楽曲だ。ルーカス・グラハムは2016年リリースの「7 Years」が全米チャート2位を記録したほか『第59回グラミー賞』にノミネートされるなど世界中のリスナーに影響を与え続け、楽曲総再生回数は62億回を突破。「ハッピー・フォー・ユー」と同日にキャッシュ・キャッシュの新曲「トゥー・レイト (feat. ウィズ・カリファ&ルーカス・グラハム)」もリリースされるなど精力的だ。

◆ルーカス・グラハム 動画 / 画像

「これは“もし最悪の事態が起きたらどうしよう”という恐怖に対する歌で、結局、僕らは一緒にならない。それでも僕は君にハッピーであってほしいと思うし、何であろうとも幸せでいてほしい。これは、本当の愛なのか? 単なる自己陶酔なのか?欲望なのか? 失恋や別れについて歌ってみようと思ったんだ。残されるってことの困難さと、それに対して立ち向かわないとっていうことをね」とは「ハッピー・フォー・ユー」に関するルーカス自身のコメントだ。また同楽曲では幾つものグラミー賞やブリットアワードを受賞している制作チームTMSとのタッグが再び。ピアノのメロディーに乗せて、エモーショナルなボーカルが美しく響くサウンドにご注目を。ルーカス・グラハムは2021年アルバムリリースを控えており、今後も続々と楽曲を発表していくとのことだ。

   ◆   ◆   ◆

■その人の幸せを願えないなら
■たぶん最初から愛していなかったんだよ

──ニューシングル「ハッピー・フォー・ユー」は美しいバラードで、ボーカルパフォーマンスに改めて度肝を抜かれました。

ルーカス:ありがとう。

──どのようにして生まれた曲ですか?

ルーカス:“もしもこうなったら”って未来を想像して書いた曲なんだ。僕は彼女と安定した関係を築いていて、今、2人の娘がいる。でも、時どき“もしも”って考えるんだ。もし僕が一緒にいられなくなった時は、彼女に幸せになって欲しいと願うし、僕と一緒にいても幸せでいられないなら、他の誰かと幸せになって欲しいとか。この曲は元々、友人のソングライターRissiが作ったものなんだけど、原曲をもとに何度か一緒に書き足して、仕上げたのは去年のクリスマス前。昔、付き合っていた人とすることのなかった会話を、歌にした感じだよ。

──“君が幸せで嬉しい 僕も幸せでいたいから”っていう一節は、たぶん全女性が、昔付き合ってた人から聞けたら嬉しい言葉だろうなと思います。でも現実はこんなに美しくなくて、二度と会いたくない人とかもいるわけで。

ルーカス:ただ、僕の人生には一人しかガールフレンドがいないんだよね。その彼女と2人の子供をもうけることができた。でも本当に愛しているなら、その人が幸せになるために手放さなきゃならない場面もあるかもしれない。その人の幸せを願えないなら、たぶん最初から愛していなかったんだよ。だからと言って、僕が悲しまないわけじゃないけどね。



──このパンデミックで改めて痛感したのが、友人と家族の大切さだったのですが、これはずっと前から、あなたの音楽のテーマになってましたよね?

ルーカス:うん、前作『3 (ザ・パープル・アルバム)』収録曲「ラヴ・サムワン」や、今回のシングル「ハッピー・フォー・ユー」はビッグなラブソングだけど、その前から父と母、友人達に関するビッグなラブソングを書いてきたんだ。ただ、同じテーマを扱ってても、僕の人生が変化するにつれて曲の内容も変わる。特にこのパンデミック中は、ガールフレンドや子供たちと一緒にずっと家にいたから、世の中の夫婦が体験したであろう大変なこともいろいろとあったよ。僕はいつもツアーに出ていたから、こんなに一緒にいたことはなかったし。でも、2020年2月から今まで、この家でずっと一緒にいる。それでも別れずにいるんだから、僕たちは成功したんだよ(笑)!

──キャッシュ・キャッシュとウィズ・カリファと共演した「トゥー・レイト」はまさにパンデミック中の楽曲ですね。

ルーカス:数年前にサビを書いていて、すごくいいフックができていたんだけど、その後、どう曲にすればいいかが分からなかったんだよね。そこでキャッシュ・キャッシュが、そのサビとウィズ・カリファのラップを入れて曲を仕上げてくれたんだ。ウィズのリリックもこの曲に完璧にハマってると思う。レコーディングは、キャッシュ・キャッシュのメンバーともウィズとも会わずにリモートで行ったから、本当にパンデミックの曲なんだよ。ミュージックビデオも、それぞれの国で撮影したしね。まさに2020年の一曲だよ(笑)。

──数年前に書いたサビなのに、“もう演奏できる曲がなくなったら 手遅れになる”という歌詞は、今の状況にマッチしていますね。

ルーカス:サビを書いた当時は自分の驚異的な運について考えていたんだ。僕は8歳の時にプロとして歌い始めたんだけど、32歳になった今でも人々の前で歌っている。曲を書いて歌うという仕事ができて、僕は本当にラッキーだって感じていたんだよ。多くの人たちが、自分の仕事に満足していないことに気づいたからね。だから僕は、この人生を無駄にしたくないんだ。素晴らしい家族がいるし。そしていつか、舞台の明かりが消えて、最後の幕が降りて、色が褪せて、もう歌う曲がなくなったその時は、僕は人生を全うしたことになるよ。


──では、このパンデミック中に、“このままライブ会場がの扉が開くことなく、一生ツアーができなくなったらどうしよう”とかいう不安に襲われることはなかったんですね?

ルーカス:このパンデミック中は、家のいろいろな仕事をやっていたんだ。自分で家具を作ったり、庭に石を敷き詰めてテーブルと椅子を置いたり、イチジクの木やトマトの世話をしたり、そんなことをやってる内に、“ツアーに出たくないかも”と思い始めたんだよね。妻に働きに出てもらって、僕は子供の世話をしたり、家具を作ったりしながら、曲作りだけするのもいいかなって。僕は生まれ育ったクリスチャニア(デンマーク・コペンハーゲン)のすぐ隣に住んでるんだけど、義理の両親の家の近所だし、僕の母の家からも近くて、ハッピーで居心地がいい場所なんだよ。

──ルーカス・グラハムは世界一のライブバンドのひとつなので、ツアーは続けて欲しいです! でも、あなたが将来の不安に襲われていなくて良かったです。

ルーカス:ありがとう。最初のロックダウンの後に生まれた二人目の娘のビリーは、この間1歳になったばかりなんだ。ビリーが生まれてから、毎日一緒に過ごしてきた。現在3歳のビオラが生まれた時は世界中をツアーしてて、日本にも行ったよ。子供と一緒にいられないと、辛くなることもあるからさ。まあ、子供とずっと一緒にいるのも大変なことだけどね(笑)。

──では最後に、日本のファンへのメッセージをお願いします。

ルーカス:僕が書いた曲を聴いてくれて、本当にありがとう。2017年の日本公演は、死ぬまでに実現したい夢が叶った瞬間だったよ。だから、また日本に戻ってショウをやりたい。日本はここコペンハーゲンから見たら、地球の反対側だからね。そんな日本で僕の曲がストリーミングされていて、僕のアルバムを買ってくれるファンがいるって、信じられないほどすごいことで。だから僕は、君たちのために音楽をやれることに心から感謝しているし、聴いてくれている人達が日本にいるって思うだけで、胸が一杯になるよ。



■シングル「ハッピー・フォー・ユー / Happy For You」

2021年5月14日配信リリース
▼ダウンロード/ストリーミング
https://LukasGrahamJP.lnk.to/HappyForYouPu

■キャッシュ・キャッシュ / アルバム『セイ・イット・ライク・ユー・フィール・イット』

2021年5月14日配信リリース
01. 42
02. Too Late (feat. Wiz Khalifa & Lukas Graham)
03. Ride or Die (feat. Phoebe Ryan)
04. Finest Hour (feat. Abir)
05. Talk About It (feat. Harloe)
06. Practice (feat. Tayler Buono)
07. Mean It (feat. Wrabel)
08. Belong (Cash Cash & Dashboard Confessional)
09. Paris In New York (feat. Brandon Colbein)
10. Reforget (feat. Violet Days)
11. Call You (feat. Nasri of MAGIC!)
12. Black
13. The Feels (feat. Alex Newell)
14. Gasoline (feat. Laura White)
15. Love You Now (feat. Georgia Ku)
16. All My Love (feat. Conor Maynard)
17. Matches (Cash Cash & ROZES)
18. Jewel (feat. Nikki Vianna)

「トゥー・レイト (feat. ウィズ・カリファ & ルーカス・グラハム)」
▼ダウンロード/ストリーミング
https://Japan.lnk.to/TooLatePu



この記事をツイート

この記事の関連情報