Reloop、ポータブルDJコントローラー「READY」発売

ツイート

ドイツのDJ機器ブランド“Reloop”のポータブルDJコントローラー「Ready」が2021年5月25日(火)より販売される。

◆Reloop Ready 関連動画&画像


Reloop Readyは、コンパクトなボディにDJに必要なすべての機能をバランスよく搭載した、ポータブルDJコントローラー。13インチのノートPCと同サイズのコンパクトなボディに、Serato社とのパートナーシップにより吟味された各操作パーツを効率的にレイアウト。DJ初心者から経験者まで、また既にSerato DJ Proコントローラーを使っている人のサブ機として、いつでもどこでも素晴らしいパフォーマンスを発揮できる先進の2デッキDJコントローラーだ。

DJが最高のパフォーマンスを発揮するための直感的なデザインに、最高の機能をバランスよく搭載し、ポータビリティとスペースを最大限に確保。トラックナビゲーション、ループ、エフェクト、フィルター、EQ、マスターボリューム、キューセクション、キーロック、シンク、キーシンク、スリップモード、バイナルモード、センサー、トラックの先頭へのジャンプ、ユーザーモード……などすべてがコントロール可能だ。



またピッチベンドやスクラッチ、トラック内の高速サーチなどに使用できる反応性の高いジョグホイールと、9つのパッドモードにアクセスできる16個の大型RGBパッドを搭載。「ホットキュー」、「オートループ」、「マニュアルループ」、「サンプラー」、「ピッチプレイ* (Pitch’n’Time DJエクスパンション・パックが必要)」、「スクラッチバンク*」、「ループロール*」、「ビートグリッド*」の9種類のパッドモードに対応し、Reloop Readyは、ホームDJ、モバイルDJ、トラベリングDJに最適なソリューションと言えるだろう(*=Serato DJ Proバージョンが必要)。


さらに本機は、今日のDJの特別なニーズを念頭に、ワールドクラスのアーティストによって考案され、業界のリーダーであるSerato社との緊密なパートナーシップのもとに開発。箱から出してすぐに業界標準のDJソフトウェアとの統合が可能。DJ初心者、経験者、ツアープロ、いずれの人にも、Reloop Readyはワンストップソリューションとして、DJがパフォーマンスを行うために必要なすべてのツールを提供する。Readyを手にすることで、いつでもどこでも素晴らしいパフォーマンスを準備(READY)することができる。

Seratoは、Tidal、Soundcloud Go+、Beatport Link、Beatsource Linkなどのストリーミングサービス(※インターネットへの接続と、Tidal Premium または HiFi、Soundcloud Go+への加入が必要です。Beatport LINKおよびBeatsource LINKは、3つの提供されているサブスクリプション全てにアクセス可能)と統合することで、何百万ものトラックにアクセスし、すぐにミキシング、カッティング、スクラッチを行うことができるのもうれしい点。

Reloop Readyは、USBバスパワーに対応しているだけでなく、ヘッドホン・キューセクション(3.5mm端子)、さらにアクティブスピーカーやサウンドシステムに直接接続できるRCA出力端子も装備。また、Reloop Readyは革新的で頑丈なデザインを採用しており、使用時にはノートパソコンのキーボードの上にすっぽりと収まるように設計されており、セットアップの設置面積を最小限に抑えることができる。


なお汎用性を高めるために、Reloop ReadyはAlgoriddim社のiOSおよびiPadOS上のアプリ「djay Pro」にも対応しており、スマートフォン、タブレット、コンピューターをプラットフォームを意識することなくコントロールすることができる。iOSモードでは、モバイルバッテリーなどから電力供給が可能。様々なシチュエーションでプロフェッショナルDJプレイが実現するだろう。


「Reloop Ready」

2021年5月25日(火)
価格 : オープンプライス(市場予想税込価格:37,800 円)
付属品:製品マニュアル、RCA ケーブル、USB ケーブル

◆Reloop Ready 製品ページ(dirigent)
この記事をツイート

この記事の関連情報