エアロスミス、50周年記念公演を2022年に延期

ツイート

エアロスミスは木曜日(5月20日)、9月に彼らのホームタウン、米ボストンにあるフェンウェイ・パークで開催予定だった50周年記念公演を1年間延期すると発表した。同公演は当初2020年9月に開くはずだったのが、新型コロナウイルスの影響を受け、2021年に延期されており、これが2度目の変更となった。

◆エアロスミス画像

バンドは、「これが、君らはもう少し待たなくてはいけないってことを意味するのは承知しているが、チケットを手放さずにいてくれる君らみんなに値するショウを届けるには、これが正しい措置だと確信している」「みんなとロックするのが待ち切れない!」との声明を出した。



彼らは昨年、延期を告知した際には「俺らのファミリー、クルー、ファン、ブルー・アーミーの安全に関しては、振り返り後悔するより、先を見越し用心したほうがいい」とコメントしていた。

エアロスミスは1970年に結成された。50周年記念フェンウェイ公演は、2022年9月8日に開催される。

エアロスミスは2020年2月15日を最後に、ライヴ活動を中断している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報