ラッシュ、苦難のとき、ロバート・プラントが救世主に

ツイート

ゲディ・リーによると、90年代終わり、ニール・パートの娘が交通事故で亡くなり、ラッシュが苦境に陥っていたとき、ロバート・プラントが親身になってくれたそうだ。

◆ラッシュ画像

パートの娘は1997年8月、19歳で亡くなった。プラントは1977年に5歳の息子を病で喪っており、子に先立たれる親の気持ちが痛いほど分かっていたのだろう。フロントマンのゲディ・リーは『Classic Rock』誌のインタビューで、プラントが救いになったと、こんな逸話を明かした。

「ペイジとプラントは『Walking Into Clarksdale』(1998年)のツアーをやっていて、(1998年7月に)トロントへ来たんだ。誰かが僕らのオフィスに何度も電話してきて、ロバート・プラントだと名乗り、僕と話す必要があるって言ってきたんだけど、誰も信じなかった。でも、本人だったんだよ」

リーがかけ直すと、プラントは彼を公演に招待してきたという。「僕は当時、結構落ち込んでた。でも、彼から“いや、(僕らの)公演に来い。話そう”って言われたんだ。彼はバンドがどんなことになっているか理解していた。彼から“人生を立て直さないと。早いに越したことはない。だから来い”って言われたのを覚えている。それで、僕はアレックス(・ライフソン)に電話し、ペイジとプラントに会いに行こうって言ったんだ」

「彼らは最高だった。すごくナイスだったよ。長年、あらゆる意味から尊敬してきた人たちに会い、彼らが真の紳士だって知ることほど、素晴らしいことはない」

パートは娘が亡くなった翌年(1998年6月)に妻までも癌で喪い、苦しく困難な時期にあった。ラッシュは活動を休止し、バンド存続が危ぶまれていた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報