ロス・ロボス、ウォー、ジャクソン・ブラウン、ザ・ビーチ・ボーイズなどLAアーティストのカバーAL『Native Sons』リリース

ツイート

ロサンゼルスを拠点とするロス・ロボスは、常に彼らの周囲と彼らが故郷と呼ぶ場所に触発されてきたバンドである。

◆ロス・ロボス 関連動画&画像


彼らのサウンドはロックンロール、テクス・メクス、カントリー、ザディコ、フォーク、R&B、ブルース、ブラウン・アイド・ソウルや、クンビア、ボレロ、ノルテーニョといった伝統音楽の影響を常に受けてきた。当アルバム『Native Sons』で、ロサンゼルスのアーティストの楽曲をカバーすることにより、バンドはこうした影響を披露することに着手した。バッファロー・スプリングフィールド、ウォー、ジャクソン・ブラウン、ザ・ビーチ・ボーイズといったよく知られたアーティストから、ザ・ジャガーズ、ザ・バスターズ、ザ・プレミアズといったディープ・カッツまで、さまざまなアーティストのカバーを全13曲収録。タイトル・トラックのみはバンドのオリジナルとなる。

ロス・ロボスは1974年、ロサンゼルスで結成。現在のメンバーはデイヴィッド・イダルゴ、ルイ・ペレスJr.、セザール・ロサス、コンラッド・ロザーノ、スティーヴ・ベルリン。バンド名は「オオカミたち」を意味する。テクス・メクス、カントリー、ザディコ、フォーク、R&B、ブルース、ブラウン・アイド・ソウルの影響を受けたロックンロールを鳴らし、クンビア、ボレロ、ノルテーニョといった伝統音楽の要素も融合させる。1984年のメジャー・デビュー・アルバム『How Will the Wolf Survive?』がグラミー賞を獲得。1987年には映画『ラ★バンバ』のテーマ曲「La Bamba」が全米1位を記録した。その後も継続的にアルバムをリリース。複数回グラミー賞を獲得。幾度も来日公演をおこない、フジロックにも出演している。


『Native Sons』

2021年7月30日(金)
NW6516CDJ[CD/国内流通仕様] ¥2,500+税
ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ

■収録曲目:
1. Love Special Delivery (Thee Midniters)
2. Misery (Barrett Strong)
3. Bluebird / For What It’s Worth (Buffalo Springfield)
4. Los Chucos Suaves (Lalo Guerrero)
5. Jamaica Say You Will (Jackson Browne)
6. Never No More (Percy Mayfield)
7. Native Son (Los Lobos)
8. Farmer John (The Premiers)
9. Dichoso (Willie Bobo)
10. Sail On, Sailor (The Beach Boys)
11. The World Is A Ghetto (WAR)
12. Flat Top Joint (The Blasters)
13. Where Lovers Go (The Jaguars)

◆ロス・ロボス オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報