レミー、『エース・オブ・スペーズ』ラインナップの再結成に無関心

ツイート

元モーターヘッド/現スコーピオンズのミッキー・ディー(Dr)によると、ディーは勧めたものの、レミーは生前、『Ace Of Spades』(1980年)制作時のラインナップ──レミー(B,Vo)、エディ・クラーク(G)、フィル・テイラー(Dr)での再結成に興味を示さなかったそうだ。

『Waste Some Time』にゲスト出演したディーは、彼がかつて在籍していたキング・ダイアモンドの『Abigail』(1987年)時代のラインナップ再結成の可能性を問われると、こう答えた。「キングは今のバンドにすごく満足していると思うから、それに専念すべきだ。(ドラマーの)マット・トンプソンは20年以上彼とプレイしている。素晴らしいドラマーだ。あのバンドは凄いし、上手く行っている」

さらに、ベーシストのティミ・ハンセンが2019年に亡くなっているため、あのラインナップの再結成は事実上不可能だと話し、「モーターヘッドも昔、同じこと訊かれたのを覚えてる」と続けた。「レミーは、フィルシーとエディとツアーをやりたいかと訊かれ、“なんで、俺がそんなことするんだ? 俺は今、これまでで最高のバンドとプレイしている”って答えてた。実のところ、俺は彼に言ったんだよ。“多分、やるべきだ。ファンは楽しむ”って。でも、彼は興味がなかった。昔を振り返るのではなく、前を見るべきときもある」

『Ace Of Spades』のラインナップは、フィル・テイラーとレミーが2015年に、エディ・クラークが2018年に没し、もう誰もいなくなってしまった。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報