サム・スミス、初の配信ライヴがNetflixで独占配信

ツイート


サム・スミスが2020年10月に3rdアルバム『ラヴ・ゴーズ』をリリース直後にアビー・ロード・スタジオにて実施した自身初のオンライン・ライヴの映像が、Netflixにて独占公開された。

このライヴでは、アルバム『ラヴ・ゴーズ』の楽曲を中心に「トゥー・グッド・アット・グッバイズ ~さよならに慣れすぎて」や「ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい」等のヒット・シングルのパフォーマンス、さらにはシンディ・ローパー「タイム・アフター・タイム」のカバーも披露された。なお、サムはシンディ・ローパーとZoom上で会話を交わし、その様子も今年3月に公開。サムは「タイム・アフター・タイム」について、「歌っていてとても幸せな気分になりました」と語り、シンディはサムのカバーについて、「あなたのヴァージョンを聴いたけれど、本当に素晴らしい」と大絶賛。「あなたのストリングスのアレンジメントには素敵な遊び心があって、それが何だかスピリチュアルに感じました」とコメントした。

全13曲からなる今回のオンライン・ライヴ映像は、シンプルなセットながら改めてサムの声力を堪能できる内容。また、このパフォーマンスはオーディオのみ、2021年3月にデジタル配信とLPでリリースされており、日本では日本限定盤としてCDでもリリースされている。



『サム・スミス: Love Goes - ライブ・アット・アビー・ロード・スタジオ』

URL: https://www.netflix.com/title/80084830

この記事をツイート

この記事の関連情報