ロバート・プラント「自分の死後、アーカイブを無料で公開するよう子供たちに言ってある」

ツイート

ロバート・プラントはロックダウン中、長年保管してきた書類や手紙、未発表曲が入ったカセットテープなど、彼の“音楽アドベンチャー”が垣間見られるアイテムを整理し、時系列に並べ替えたそうだ。それらは自分が亡くなった後、無料で公開するよう子供たちに伝えてあるという。

プラントは『Digging Deep』ポッドキャストで、ロックダウン中、「家の中を整理し始めた」と話した。「僕が音楽、ツアー、アルバムのリリース、未完成のプロジェクトなどを通じ体験した全てのアドベンチャーをリスト化し、順序正しく並べた。そう、配置を完全に変えたんだ」

「子供たちには、僕がくたばったら、無料で公開するよう言ってある。1966年から現在に至るまで、どれだけ多くの馬鹿げたことが起きていたか、紹介するようにってね」

この過程で、レッド・ツェッペリン結成後、母から受け取っていた手紙を発見したという。「母からの手紙を見つけたんだよ。“あなたって、本当にやんちゃでい続けるのね。帰ってきたらどう?”って書いてあった。“それに、まだStourport-on-Severnに会計士の仕事があるわよ。家に戻り、何もなかったことにしたらどうかしら?”ともね。3ヶ月前まで、その手紙を読んだことなかったんだ」

全てを投げ出し家を出た彼が、そこに戻ったのは「婚約し、未来の妻を紹介したときだけ」だったそうで、手紙を読んだときは動揺したという。

プラントは5月24日、4シーズン目となるポッドキャスト『Digging Deep』をスタートさせた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報