ジョナス・ブルー、リオンを共演に迎えたサマーダンスチューン「Hear Me Say」リリース

ツイート


ジョナス・ブルーが2021年の第二弾シングルとして、明るい夏へ向けたサマーダンスチューン「Hear Me Say」をリリースした。

今回の共演には、全世界で5億回以上のストリーミングを記録しているスウェーデン出身の新進ポップ・アーティストLÉON(読み方:リオン)を迎え、世界にポジティブな刺激と喜びを与えるダンスビートに仕上がっている。また、完璧だと思われていた関係が、どこかですれ違ってしまったことを歌っており、曲中には“伝えたいことがある、私はまだ同じ気持ちなの、無駄ではなかったことを知ってほしい”という歌詞があり、LÉONが感情を揺さぶるようなヴォーカルで歌い上げている。

ジョナスは、「僕は、この曲を自分なりに解釈してもらいたいと思っています。『Hear Me Say』は、自分の気持ちを表現し、言いたいことを我慢しないことについての曲。僕がこの曲を書いたとき、このメッセージを伝えるには、パワフルなアーティストが必要だと感じたんだ。LÉONの歌詞と素晴らしい歌声を聴いたとき、その感情に心打たれた。特別なものを作り上げられた気がしたよ」とコメント。またLÉONは新曲について「この曲がついに世に出ることになり、とても嬉しいです。ジョナスがプロデュースして、高揚感と力強さを出してくれて、踊りたくなるような曲になったのも最高。90年代の雰囲気が出ていると思います。みんながどう感じてくれるか、楽しみです!」と語っている。

ニュー・シングル「Hear Me Say」


試聴・購入はこちら: https://umj.lnk.to/JonasBlue_HearMeSay

この記事をツイート

この記事の関連情報