いきものがかり、<日比谷音楽祭2021>でリトグリやKREVAらと「今日から、ここから」を初披露

ツイート


いきものがかりが、新曲「今日から、ここから」を2021年5月30日(日)にリリースした。

同曲はいきものがかりのメンバー3人と、彼らの楽曲の編曲を多く手掛ける亀田誠治が「2020年のコロナ禍という未曾有の体験の中で、アーティストが自分たちに何ができるかをソーシャルディスタンスの中で考え、普遍的なうたを作ろう」という考えのもと発足したプロジェクトでもあり、昨年2020年よりリモートの環境のなかで4人での制作が進められていた。

無観客配信にて5月29日に開催された<日比谷音楽祭2021>では『Hibiya Dream Session1』にいきものがかりが出演。自身初と語る日比谷野音のステージに上がると、メンバーの吉岡聖恵が早速MCで「画面の向こうのみなさまも一緒に楽しみましょう!」と呼びかけ、「TSUZUKU」を披露した。日比谷の夜空と共に会場が爽やかなムードに包まれる中、同じく『Hibiya Dream Session1』に出演したYOYOKA、日比谷ブロードウェイ、Little Glee Monster、KREVAもステージに登場し、この日ならではの豪華メンバーで「今日から、ここから」を初披露。最後には出演者全員で歌唱し、ステージのラストを飾った。SNS上では「ぶわぁーーーーー鳥肌。」「やっぱり音楽は力になる!」「とても心に染み渡る素晴らしい曲!」などの声が上がったようだ。















(c)日比谷音楽祭実行委員会

デジタルシングル「今日から、ここから」


2021年5月30日(日)発売
各配信サイト・ストリーミングサービスにて配信中:https://erj.lnk.to/zh23Y1WN

この記事をツイート

この記事の関連情報