全米アルバム・チャート、オリヴィア・ロドリゴのデビュー作が1位

ツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、女優から音楽の世界に進出したオリヴィア・ロドリゴのデビュー作『SOUR』が、現時点、2021年最大の週間売上で初登場1位を獲得した。同作は英国、オーストラリア、ニュージーランド、オランダ、ノルウェー、スウェーデンなどでも1位に輝いている。英国では今週、シングル「good 4 u」もトップとなり、全英チャート史上、ソロ・アーティストとしては最年少(18歳3ヶ月)でアルバム/シングル両チャートを制覇した。

◆オリヴィア・ロドリゴ画像

先週1位に初登場したJ. コールの『The Off-Season』は2位に後退。トゥエンティ・ワン・パイロッツの6枚目のスタジオ・アルバム『Scaled And Icy』が3位にチャート・インした。

今週はこのほか、ラッパー42 Duggの新作『Free Dem Boyz』が8位に初登場し、2018年にデビュー以来初のトップ10ヒットとなった。

また、ラッパーPooh Shiestyが、4曲を追加しリイッシューした『Shiesty Season』(オリジナルは2月リリース)が先週の32位から6位へ大きく浮上し、10位圏内に再エントリーしている。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報