DJ KOO、難病を抱えるルワンダの男の子のためクラウドファンディング参加を呼び掛け

ツイート

DJ KOOが、難病を抱えるルワンダの生後半年の男の子・ガンザくんの命を救うため、自身のSNSでクラウドファンディングへの参加を呼び掛けている。

◆関連画像

DJ KOOは、日本の伝統文化である盆踊りの普及、盆踊りを通じた日本とアフリカの国際交流を目的とするプロジェクト「Bon For Africa」(アフリカ盆踊り)で楽曲アレンジを担当。美空ひばりの「川の流れのように」をアレンジし、アフリカ7か国を訪ね、現地の人々と触れ合い異文化交流を行った。

2019年にルワンダで行われた同プロジェクトの際、DJ KOOはガンザくんの父親である現地スタッフ・イディさんと知り合った。その後、ガンザくんは1万人にひとりの難病「胆道閉鎖症」と診断。命を救うための方法は外国での肝臓移植手術しかなく、その資金を調達するためにルワンダ青年海外協力隊(JICAボランティア)の出身者が中心となって、「ガンザ君基金実行委員会」が立ち上がった。


▲ガンザくん


そのことを伝え聞いたDJ KOOは、なんとか自身もできることをしたいと思い、5月31日に自身のSNSで「アフリカ盆踊りでお世話になったスタッフのお子さんガンザ君の命を救うための医療支援にご協力宜しくお願い致します。」と呼びかけた。ガンザくんの治療には2,000万円を越える費用が必要だという。クラウドファンディングの締め切りは6月4日まで。

なお、「Bon For Africa」に関わるイベントや広告収益の一部はアフリカのエイズ孤児を支えるNGO団体に寄付されている。

■クラウドファンディング詳細

「Save Ganza's life - ガンザくんを助けたい!!!」
https://gofund.me/fb4574b9
この記事をツイート

この記事の関連情報