ASA Wu、第2弾リリースはダーティ&セクシャルなエレクトロニック・ダンス・ボム

ツイート

日本語、中国語、英語を操り、独自の歌唱スタイルと表現力を誇る本格派シンガー、ASA Wu。

◆ASA Wu 関連画像

先のデビュー曲「Bloomer」はバイラル・チャート入りを果たすなど、2021年のニューカマーの中でも大きな期待を集める彼女の第2弾シングル「MO-MO」がリリースされる。

前作に続いて日本語ラップ・シーンの気鋭プロデューサー KMが手掛ける新曲は、グランジなR&Bナンバーだった「Bloomer」から一転して、扇情的なエレクトロニック・ダンス・チューン。漆黒のダンスフロアから湧き上がるようなシンセ・ベースと、カントリー調のギターが印象的なエレクトロ・トラックを、カウガールよろしく奔放に乗りこなすASA Wuの妖艶な歌唱が聴きどころだ。

歌詞は9割以上が英語詞となっているが、ポイントで用いられる日本語の「欲きたね(よくきたね)」「股きてね(またきてね)」など、独特の言語感覚も強烈。国籍や言語といったくびきを溶解させてしまうASA Wuというアーティストのグローバルなポテンシャルと、ある種、ジョーカー的にも振る舞えるエキセントリックなキャラクターが発揮された破壊力抜群の1曲に仕上がっている。

なおジャケット、アーティスト写真など、アートディレクションは、前作に続いてOWNCEAN(UNA+MATCHA)が手がけている。


「MO-MO」

2021年6月2日(水)
Lyrics:ASA Wu / Prod.:KM
Download & Stream
https://asawu.lnk.to/MOMO

◆ASA Wu Instagram
◆ASA Wu Twitter
この記事をツイート

この記事の関連情報