石原さとみ、ゆず新曲ジャケットに17年ぶりに登場。試聴動画も

ツイート

ゆずが本日6月2日(水)、約10か月ぶりの新曲「NATSUMONOGATARI」を配信リリースした。

◆ジャケット/「NATSUMONOGATARI」Visualizer

同曲のジャケットには、石原さとみの写真が使用されている。石原がゆずのアートワークに登場するのは、2004年発売のシングル「桜木町 / シュミのハバ / 夢の地図」以来、17年ぶりで、石原は「桜木町」のミュージックビデオにも出演している。「NATSUMONOGATARI」が「桜木町」のアフターストーリーとして描かれていることから、ゆずサイドが出演をオファーし、それを石原が快諾した。

▲「NATSUMONOGATARI」

▲「桜木町 / シュミのハバ / 夢の地図」

楽曲のリリースと同時に、フルサイズの楽曲と歌詞を楽しむことができる「NATSUMONOGATARI」Visualizerがゆず公式YouTubeチャンネルにて公開された。静止画には港の工場地帯を背に、切ない表情でフェリー上に佇んでいる石原の写真が使用されている。

さらに、ゆずの新アーティスト写真も公開。こちらはみなとみらいにある複合施設、横浜ハンマーヘッドで撮影された。



「NATSUMONOGATARI」は先日開催されたばかりのオンラインライブ<YUZU ONLINE LIVE 2021 YUZUTOWN / ALWAYS YUZUTOWN>の初日公演で初披露された楽曲。切ないピアノの旋律を中心に構築され、ソリッドなバンドサウンド、アコースティックギター、二人のエモーショナルなハーモニーが融合した1曲だ。過去を振り返りながらも未来を見据え前に進んでいく、横浜を舞台にした切ない夏のラブソングで、「桜木町」のイントロやメロディ、“手を振るよ” といった歌詞など、「桜木町」の楽曲が随所にサンプリングされている。

Digital Single「NATSUMONOGATARI」

2021年6月2日(水)配信リリース
ダウンロード&ストリーミング:https://lnk.to/natsumonogatari

この記事をツイート

この記事の関連情報