ルディ・サーゾ「ランディ・ローズは、メタルのパイオニアの1人」

ツイート

ベーシストのルディ・サーゾが、クワイエット・ライオット、オジー・オズボーン・バンドで活動を共にした旧友、ランディ・ローズが2021年にロックの殿堂からミュージカル・エクセレンス賞を受賞するのを喜び、彼の特異な才能を称えた。

サーゾは『Two Doods Reviews』のインタビューで、こう語った。「ランディは最高にロックな奴だった。彼はメタルだった。メタルが今のように知られるずっと前からね。彼は演奏スタイルとハーモニーの構築により、多くのメタル・ジャンルにおけるパイオニアの1人だった」

「彼は楽譜が読めた。それってすごく珍しいことだった。もともと俺がミュージシャンになろうって思ったのは、女の子たちにもてたかったからだよ。だから、学校に行って音楽を勉強するのはずっと後のことだった。でも、ランディは音楽の教育を受けた家庭で育ち、女の子が目的で音楽をやってたわけじゃない。音楽は彼の遺伝子、DNAに組み込まれていた。音楽は彼の世界そのもので、それにより、彼はすごくユニークな存在になったんだ。音楽理論は必須ではない。僕らはロックってものをわかってた。ロックに対して情熱を持っていた。でも、ランディはそれ以上の存在だった」

Rock & Roll Hall of Fameは5月12日、2021年度はティナ・ターナー、キャロル・キング、ザ・ゴーゴーズ、ジェイ・Z、フー・ファイターズ、トッド・ラングレンが殿堂入りし、アーリー・インフルエンス賞にクラフトワーク、チャーリー・パットン、ギル・スコット・ヘロン、ミュージカル・エクセレンス賞にLL・クール・J、ビリー・プレストン、ランディ・ローズ、アーメット・アーティガン賞にClarence Avantが選出されたことを発表した。

授賞式は10月30日に開催される。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報