ガンズ・アンド・ローゼズ、これまでライヴ・パフォーマンスしていないのは4曲のみ

ツイート

アメリカの音楽サイト『Loudwire』が、25万近いアーティストによる540万以上のセットリスト(TV出演も含む)を掲載する情報共有サービス「Setlist.fm」でガンズ・アンド・ローゼズのデータを調べたところ、これまで彼らがライヴ・パフォーマンスしていない曲(発表済みのオリジナル・ソング)は4つしかなかったという。

ガンズ・アンド・ローゼズは『Appetite For Destruction』(1987年)、『GN’R Lies』(1988年)、『Use Your Illusion I』(1991年)、『Use Your Illusion II』(1991年)、『"The Spaghetti Incident?"』(1993年)、『Chinese Democracy』(2008年)の6枚のスタジオ・アルバムをリリースしており、『Loudwire』は、カヴァー・アルバムである『"The Spaghetti Incident?"』を除いた全曲をSetlist.fm上のガンズ・アンド・ローゼズの統計データと照らし合わせたそうだ。

その結果、『Use Your Illusion I』に収録される「Don’t Damn Me」、『Use Your Illusion II』に収録される「Get In The Ring」「Shotgun Blues」「My World」の4曲が、これまで一度もライヴ・パフォーマンスされていないことが判明したという。

Setlift.fmには現時点、1985年以降のガンズ・アンド・ローゼズのセットリスト964が掲載されている。最もプレイされているのは「Welcome To The Jungle」で920回。「Mr. Brownstone」(878回)、「Paradise City」(857回)と続く。

『Loudwire』によると、2018年の『Not in This Lifetime...』ツアーでは平均30曲がプレイされており、これは1993年のツアーのときより10曲増えているという。



ガンズ・アンド・ローゼズは7月終わり、1年4ヶ月ぶりにライヴ活動を再開する。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報