チャーチズ、最新AL『SCREEN VIOLENCE』リリース発表&ロバート・スミス (ザ・キュアー) 参加曲解禁

ツイート

グラスゴー出身のローレン・メイベリー、マーティン・ドハーティ、イアン・クックによる人気エレクトロ・ポップ・バンド、チャーチズ が、4枚目のスタジオ・アルバムとなる待望の新作『Screen Violence』を2021年8月27日(金)にリリースすることを発表、Tシャツセットやカラー・ヴァイナルなどの限定仕様の発売も決定した。

◆チャーチズ 関連動画&画像


4月に久々のニュー・シングル「He Said She Said」で高らかに本格始動を告げ、ファンを喜ばせたのに続き、ニュー・アルバムからの2ndシングルとなる新曲「How Not To Drown」が新たに解禁された。本楽曲には、チャーチズが“究極のヒーロー”と語るロバート・スミスが参加している。ここ数日、チャーチズのSNSに投稿された謎の画像や、ロバート・スミスの投稿が話題となっていたが、それが今回の新曲リリースで解き明かされている。言わずと知れたザ・キュアーのフロントマン、ロバート・スミスの特徴的な声と、ローレンの透明感ある歌声は不思議なほど完璧に溶け合い、溺れているときも意識を保つというコンセプトに沿ったダークなピアノの音色が楽曲を支えている。

また本楽曲はApple Musicの「New Music Daily」プレイリストのカバーにも選出されている。



ロサンゼルスとグラスゴーという遠く離れた場所で、ビデオ通話やオーディオ・シェアリング・プログラムを利用してレコーディングされたという本作は、ローレン・メイベリー、マーティン・ドハーティ、イアン・クックの3人によるセルフプロデュース作であり、今回はミックスまで本人たちで行ったと言う。それによって、まさにチャーチズならではの独創的かつ特別なアルバムが完成した。

アルバムタイトルの『Screen Violence』は、当初、バンド名の候補として挙がっていたものだという。10年後、このパンデミックのさなかで、『Screen Violence』(スクリーン上の暴力) という言葉は、これ以上ないほどに現実に当てはまっていた。人は自分の愛する人々ですら、テレビ番組のキャラクター以上に身近に感じるのが難しくなり、まったく別世界のようなトラウマに満ちた世界を経験することになった。そんななかでチャーチズは、この言葉を新しいアルバムのタイトルに決めた。『Screen Violence』のテーマは大きく分けて3つの形――スクリーン上で (on screen)、複数のスクリーンによって (by screens)、複数のスクリーンを通して (through screens) ――で表現され、孤独、幻滅、怖れ、傷心や後悔といった感情が描き出されている。

『Screen Violence』の制作はバンドにとって、ともに過ごした10年を記念するものでもあった。2013年のデビューアルバム『The Bones of What You Believe』、2015年の『Every Open Eye』、2018年リリースの前作『Love is Dead』を通して、自分たちのサウンドを作りあげ、確かなものにしてきた。

チャーチズによる3年ぶり待望のニュー・アルバム『Screen Violence』は、8月27日世界同時リリース。国内盤には、ロバート・スミスによる「How Not To Drown」のリミックスがボーナストラックとして追加収録され、歌詞対訳と解説書が封入される。また数量限定の国内盤CD+Tシャツ・セット、3種類のヴァイナル・フォーマットとカセットテープも発売される。


『Screen Violence』

2021年8月27日(金)
CHVRCHES, under exclusive license to Beat Records
国内盤CD:BRC-673 ¥2,200+税(税込価格¥2,420)
国内盤特典:ボーナストラック追加収録/解説・歌詞対訳冊子封入

BEATINK.COM:
https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=11899
AMAZON:
https://www.amazon.co.jp/dp/B096FV18ST
TOWER RECORDS:
https://tower.jp/item/5207720

◆チャーチズ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報