【俺の楽器・私の愛機】219「謎の仕様 Fender Japan Jazz Bass」

ツイート

【Fender Japan Jazz Bass】(広島県 GON 58歳)


80年代中頃に新品で入手したFender Japan のJazz Bassです。ヘッド裏にCUSTOM MADE 0091のスタンプがある以外はシリアル番号はなし。楽器店のオーダーなのかFender Japanの気まぐれなのか一般的なJazz Bassとは違った仕様となっています。

違っている点は
1.スラントしたフロント・ピックアップ
2.ピックガードは最初からなし
3.ネックがプレベのネック
4.ナットがブラス
5.他に見たことがないような真っ黒な指板がツバ出し21フレット
ぐらいでしょうか。ボディ・カラーも当時は見たことが無い感じでした。現在はフレットレスに改造してあります。

当時のFender Japanにしては結構いい値段だったと思います。私が購入した3本目のベースで、初めてのちょっと高価なベースでした。


ハードウェアの仕様はよくわかりません。仕様は一般的なジャズベとは違いますが、癖のないキレイなサステインの音が自分好みだったのと、店頭で見つけた時のオーラみたいなものを感じて即決購入しました。

購入から三十数年が経過していますが、大きなトラブルもなく現役です。ただ最近はフレットレスを使うような曲があまりないため、フレットを打ち直そうかかんがえているところです。




   ◆   ◆   ◆

これはレアですね。というか、すごく凝った仕様で見たことのないモデルです。貼り指板なのにヘッド側にトラスロッド穴があるのは、ツバ出ししているからなんですね。ここだけ見てもかなり特別です。ハイエンド系コンポーネントのギター/ベースが市場を席巻し、カスタムオーダーで愛機を作り上げることがトレンドだった時代ですから、「フェンダージャパンだって、やればいくらでもできるんだぞ(ただしこっそりと)」みたいな感じなのかな。いずれにしても名機の匂いがする貴重な一本、これは自慢しなくちゃ。(JMN統括編集長 烏丸)

★皆さんの楽器を紹介させてください

「俺の楽器・私の愛機」コーナーでは、皆さんご自慢の楽器を募集しています。BARKS楽器人編集部までガンガンお寄せください。編集部のコメントとともにご紹介させていただきますので、以下の要素をお待ちしております。

(1)投稿タイトル
 (例)必死にバイトしてやっと買った憧れのジャガー
 (例)絵を書いたら世界一かわいくなったカリンバ
(2)楽器名(ブランド・モデル名)
 (例)トラヴィス・ビーン TB-1000
 (例)自作タンバリン 手作り3号
(3)お名前 所在 年齢
 (例)練習嫌いさん 静岡県 21歳
 (例)山田太郎さん 北区赤羽市 X歳
(4)説明・自慢トーク
 ※文章量問いません。エピソード/こだわり/自慢ポイントなど、何でも構いません。パッションあふれる投稿をお待ちしております。
(5)写真
 ※最大5枚まで

●応募フォーム:https://forms.gle/XX72yo6Ph3BwqQHE9

◆【俺の楽器・私の愛機】まとめページ
この記事をツイート

この記事の関連情報