ジャングル、最新ALより新曲「Talk About It」をMVと共に公開

ツイート

イギリス人プロデューサー、ジョシュ・ロイドとトム・マクファーランドによるプロデューサー・ユニット、ジャングル。

◆ジャングル 関連動画&画像


これまでにリリースした2枚のアルバムがいずれもUKチャートTOP10入りし、総ストリーム数は約10億に上るなど、地元ロンドンの若者たちを中心に世界中を熱狂させている彼らが、待望の最新作『LOVING IN STEREO』より新曲「Talk About It」をMVと共に公開した。

クラシックなブレイクビーツとダブ風味のベースラインで始まり、恍惚とした雰囲気を纏った楽曲「Talk About It」は、ジャングルの音楽が持つ喜びに溢れた感覚が表現されている。

■ジャングル コメント

「Talk About It」は、3枚目のアルバムとなる『LOVING IN STEREO』からのセカンド・シングルなんだけど、このアルバムで僕らが届けているエネルギーがリスナーにも伝わるはずだよ。ベースのリフとドラムのブレイクはアルバム制作のかなり早い段階で録音されたもので、アイデアのエッセンスをそのまま取っておいて、作り込みすぎないようにした曲の一つなんだ。そしてこのビデオはエネルギーに満ち溢れていて、撮影の最後の方に撮ったものだ。ダンサーたちが全力を尽くしているのがわかるし、素晴らしい雰囲気を作り出している。

楽曲はソーのメンバーとしても知られるインフローがプロデューサーとして参加。前作「For Ever」の中で5,000万回以上のストリーミングされたヒットシングル「Casio」でのコラボレーションに続く共作となる。また、ワンテイクで撮影されたこのMVの監督はJ LloydとCharlie Di Placidoが担当し、振付はストームジーを手がけたことでも知られるNathaniel WilliamsとCece Namaによるものとなっている。

待望の最新作『LOVING IN STEREO』は8月13日にリリース。ボーナストラック2曲「Don't You Cry Now」、「7AM」を追加収録し、歌詞対訳・解説が付属する国内盤CDに加え、輸入盤CD/LP、カセットテープ、デジタルと各種フォーマットで発売される。輸入盤LPは通常盤のブラック・ヴァイナルと限定盤のクリア・ブルー・ヴァイナルの2種類が発売される。


『Loving In Stereo』

2021年8月13日
CAIOLA RECORDS
商品ページ: https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=11769

■tracklist:
国内盤CD
01. Dry Your Tears
02. Keep Moving
03. All Of The Time
04. Romeo (feat. Bas)
05. Lifting You
06. Bonnie Hill
07. Fire
08. Talk About It
09. No Rules
10. Truth
11. What D'You Know About Me?
12. Just Fly, Don't Worry
13. Goodbye My Love (feat. Priya Ragu)
14. Can't Stop The Stars
15. Don't You Cry Now (Bonus Track)
16. 7AM (Bonus Track)

◆Beatink オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報