SUGIZO、最新オリジナルモデル“EDEN”にイラクの子供たちの絵

ツイート

SUGIZOが<聖誕半世紀祭 HALF CENTURY ANNIVERSARY FES.>で着用した衣装デザインをギターに落とし込んで完成した最新オリジナルモデル“Navigator N-ST SGZ Custom -EDEN-”がリリースされる。

◆SUGIZO 画像

現在も精力的なボランティア活動を世界中で行っているSUGIZOだが、イラクの人々のために医療支援を実施している特定非営利活動法人“JIM-NET”もサポートしている。そのJIM-NETの活動を世に広める目的で作られたのが、2019年7月7日および8日に行われた<“SUGIZO 聖誕半世紀祭HALF CENTURY ANNIVERSARY FES.>で着用した衣装だ。


デザインにあしらわれた絵は、小児がんと闘うイラクの子供たちが描いたもの。JIM-NETの特別提供による絵を衣装ブランド“tenbo”がアートパレットにデザイン、衣装として製作された。そして、tenboによるアートパレットデザインをSUGIZO自身のギターに転写して完成させたニューギターが、N-ST SGZ Custom -EDEN-となる。

基本スペックはN-ST SGZ Custom “-FZ-”と“-DII-”を掛け合わせたような仕様で、スワンプアッシュボディにローズ指板という組み合わせ。ピックアップは、フロントにSeymour Duncan Custom Shop Staple Pickup Repro ALNICO V、センターとリアにSeymour Duncan CustomShop SP90 TB Spaceを搭載した。

同ギターは『GUNDAM FACTORY YOKOHAMA』オープニングセレモニーで披露されたほか、先ごろ行われた東京ガーデンシアター3DAYSでも活躍した。なお、N-ST SGZ Custom -EDEN-の売り上げは、JIM-NETを通じてイラクの人々の医療支援として寄附されるとのことだ。

   ◆   ◆   ◆

「2019年、イラク北部クルド自治区に建てられた小児がん総合支援施設「JIM-NETハウス」で開催された音楽ライヴ。「僕も楽器を触ってみたい!」とライヴ後にSUGIZOさんの周りに多くの子供たちが集まっていた光景が印象的でした。
その後もJIM-NETの活動を応援して下さっているSUGIZOさんの想いがこのようなギターとなって世に出ることが、現在も治療に苦しむ子供たちにとって大きな励みになります」──JIM-NET

   ◆   ◆   ◆

「イラクの子供たちが描いたアートがデザインされたチョコ缶を見た時に、楽園のような開放感に脳裏まで包まれたことを鮮明に覚えております。子供たちの描くアートの幸せな温もりを余すことなく包み込みながらドレスに仕立て上げ、音色を奏でる旋律となり昇華される。その喜びを感じずにはいられません。このご縁を頂いたSUGIZO様、JIM-NET様、株式会社ESP様、並びに関係者の皆様に感謝いたします」──tenbo

   ◆   ◆   ◆


■Navigator N-ST SGZ Custom -EDEN-

BODY:Swamp Ash
NECK:Hard Maple
FINGERBOARD:Rosewood, 22frets
SCALE:648mm
NUT:Bone (42mm)
CONSTRUCTION:Bolt-on
TUNER:GOTOH SDS510-05 H.A.P.M
BRIDGE:GOTOH GE101TS
PICKUPS
・Neck:Seymour Duncan Custom Shop Staple Pickup Repro ALNICO V
・Middle:Seymour Duncan CustomShop SP90 TB Space
・Bridge:Seymour Duncan CustomShop SP90 TB Space
CONTROLS:Master Volume, Master Tone, Middle PU Switch, 3Way Lever PU Selector Switch
COLOR:EDEN Graphic
with Hard Case, Cerificate
PRICE:990,000 yen (in tax)

この記事をツイート

この記事の関連情報