テイラー・スウィフト、デヴィッド・O・ラッセル監督の新作映画に出演

ツイート

テイラー・スウィフトが、『スリー・キングス』『世界にひとつのプレイブック』『アメリカン・ハッスル』などで知られるデヴィッド・O・ラッセル監督の新作映画に出演しているようだ。

『The Hollywood Reporter』によると、同作(タイトル未発表)には、クリスチャン・ベール、ロバート・デ・ニーロ、ラミ・マレック、マーゴット・ロビーらが出演するという。撮影はすでに終了したと伝えられるが、映画のあらすじ、それぞれの役柄、公開日等、詳細は明かされていない。



テイラーにとって『キャッツ』(2019年)以来の映画出演となる。彼女はこのほか、ゲイリー・マーシャル監督の『バレンタインデー』(2010年)、SF映画『ギヴァー 記憶を注ぐ者』(2014年)などに出演してきた。『キャッツ』で、ニコロデオン主催のキッズ・チョイス・アワードのフェイバリット映画女優賞にノミネートされた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報