【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>WANIMA、「ラストは飛びきりの笑みで!」

ツイート

「JUICE UP!!」のテーマとともにFUJI(Dr/Cho)、KO-SHIN(Gt/Cho)とともにステージに飛び出してきたKENTA(Vo/Ba)がマイク片手にSATAN STAGEの前に集まったオーディエンスに何か語りかけるのかと思いきや、結局何も語らずに歌い出した1曲目の「Call」から、この1、2年の間に発表してきたメロディック・パンク・ナンバーをたたみかけるように繋げていった前半と、この日、ここに集まった人たちに、きっと届けたかったんじゃないかと思える言葉を歌いながら、KENTAがどんどん感極まっていった後半では、かなり印象が違ったように感じたのは筆者だけだろうか?

◆WANIMA 画像

正直、ライブが終わったその勢いのまま、このレポートを書いている今、後半の流れに彼らが込めた思いの大きさに圧倒された筆者は、「Call」以下、「LIFE」「月の傍で」「Cheddar Flavor」という大きな意味でメロディック・パンクと言えるアップテンポの曲の数々が決して一本調子にならず、それぞれに異なる印象を聴く者に抱かせるところに改めて巧みなソングライティングのセンスを感じながら、前半はそこに向かうための助走だったんじゃないかとちょっと乱暴なことも思ったりもしている。




それはそれとして、「JUICE UP!!のテーマ」のテーマが流れ始めたタイミングで手を叩き始めたオーディエンスの気持ちは早くもヒートアップ。「今日は、我慢してきたんだから最後まで楽しんでよ!」とオーディエンスに声を掛けながら広いステージを走り回る3人の熱演に手を叩いたり、ジャンプしたり、手を振ったりしながら精一杯、応えている。

ポップで明るい「Cheddar Flavor」からハードな印象もあるミクスチャー・ロック調の「Japanese Pride」に繋げ、そこからさらに一転、「雨あがり」で軽やかに駆け抜けるセットリストの組み方が心憎い。

そんな前半の流れを変えたのが「となりに」だ。いや、正確に言えば、「となりに」の前フリとして語ったKENTAのMCだったように思う。

「SATANIC CARNIVAL! このフェスは、この音は、今日出たロック・バンドたちは、目の前にいるおまえたちは欠かせないものだから、なくしてはならないものだから、となりにいてくれるだけで。これからもとなりにいてくれよ」


そこからKENTAの中で感情がどんどん高まっていったように思えた。ビジョンに映った「となりに」を歌うKENTAの顔は泣きそうだ。KO-SHINがステージ中央のお立ち台の上でギター・ソロを奏で、「ハイ!ハイ!ハイ!」とFUJIが声を上げた「エル」からスカパンクの「BIG UP」になだれこみ、ミラーボールを光らせながらパーティー感を演出。そこから最後まで一気に駆け抜けるのかと思いきや、バラードの「ネガウコト」を繋げ、「BIG UP」とは正反対のべクトルで熱を込め、思いを飛ばす。

その「ネガウコト」を演奏する前に「制限がある中で、声を出せない中で、手ばかり叩いて、その場でちゃんとしてくれてありがとう!」と語りかけたKENTAの言葉を思えば、生きて欲しいというメッセージを持つ「ネガウコト」は目の前にいるオーディエンスに対する精一杯の感謝だったんじゃないか。

そして、「ジャンプ!ジャンプ!」とラストスパートをかけるように披露した「THANX」の“離れるのは距離だけと”という歌詞は、コロナ禍の中でそれぞれに繋がりを失った人たちに向け、大丈夫だよと歌いかけているようにも思えたのだった。


40分の熱演の最後を締めくくったのは、懐かしい「Hey Lady」。途中、「飛び跳ねろ!」とKENTAがオーディエンスを煽ったようにダメ押しで盛り上げるにはぴったりの2ビートのメロディック・パンク・ナンバーだ。しかし、選曲の理由はそこではなかったことは、演奏する前に「SATANICが無事開催できてよかった。音楽シーンの、この先に幸せがあふれるように。ラストは飛びきりの笑みで!」とKENTAが言ったことからも明らかだった。

WANIMAが持つ言葉の力を改めて認識させられた。ほとんどMCを挟まなかったのは、1つ1つの言葉の力を研ぎ澄ませるためか。

3人がアウトロを奏でていると、1日目の成功を祝うように花火が上がった。ビジョンに映る3人お顔に大輪の花火が重なる。そして、KENTAが最後に、もう一度言った。

「SATANIC、無事開催できてよかった!」


取材・文◎山口智男
撮影◎半田安政/中河原理英
SE. JUICE UP!!のテーマ
1.Call
2.LIFE
3.月の傍で
4.Cheddar Flavor
5.Japanese Pride
6.雨あがり
7.となりに
8.エル
9.BIG UP
10.ネガウコト
11.THANX
12.Hey Lady

■<SATANIC CARNIVAL 2021>

6月5日(土) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
6月6日(日) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
・物販 / FOOD AREA:start09:30
・ライブ観覧エリア:open10:30 / start11:30 ※19:25終演予定
▼6月5日 出演アーティスト
バックドロップシンデレラ (※new)
The BONEZ
Dizzy Sunfist
Fear, and Loathing in Las Vegas
マキシマム ザ ホルモン
NAMBA69 (※new)
Northern19 (※new)
ROTTENGRAFFTY
SiM
SPARK!!SOUND!!SHOW!! (※new)
Survive Said The Prophet
suspended 4th
WANIMA
▼6月6日 出演アーティスト
04 Limited Sazabys
10-FEET
Age Factory (※new)
coldrain
G-FREAK FACTORY (※new)
ハルカミライ
HAWAIIAN6 (※new)
HEY-SMITH
Ken Yokoyama
MONGOL800
NOISEMAKER
SHADOWS
TOTALFAT (※new)
[O.A.] PALEDUSK (※new)
▼チケット ※全て電子チケットでの取り扱い
【一般発売】
2日通し券 ¥17,800 / 1日券 ¥9,500
発売開始:5月22日(土)〜

この記事をツイート

この記事の関連情報