【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>SiM、生々しく屈強なバンドの生き様

ツイート

無数のメロイックサインとハンズクラップでSATAN STAGEへ盛大に迎え入れられたSiMは、ド頭から「DiAMOND」で遠慮なしに襲いかかっていく。そのしなやかな躍動感に適度な重厚さが素晴らしく、特別な何かをしたわけでもないのに、会場が彼らの色に染められていくのが手に取るようにわかるのだ。

◆SiM 画像

MAH(Vo)によるタイトルコールでオーディエンスが歓喜した「Blah Blah Blah」で一気に客席エリアをかき回し、「踊っちゃいけない、とは言われてないんだよね」とMAHがニヤリと言い放ってから、両手を上下に動かすモンキーダンスを誘った「GUNSHOTS」で会場の熱気はどこまでもヒートアップ。見渡す限りに広がる踊り狂う人々の姿は実に素敵だった。



夕方になり、少しばかり肌寒い時間になってきたが、そんなことを気にするような人は一切いない。ただただステージ上で躍動するSiMに釘付けのままだ。MAHが野球バッドを手に持ち、荒々しいマーチングソングのようなパワー感で攻め立てた「BASEBALL BAT」、裏打ちに合わせたオーディエンスの高速スカダンスやSHOW-HATE(G)のそそるギターソロが秀逸だった「Devil in Your Heart」を連続で投下しながらも、こんなんじゃまだまだ足りないと「本物の悪魔の宴を見せてやる! 死ねー!」とMAHが絶叫してからの「KiLLiNG ME」は殺傷能力が高すぎた。怒涛の勢いで客席エリアを飲み込む鋭さがずば抜けていたのだ。



ラストナンバーとなる「f.a.i.t.h」を前にして、「いつもだったらウォールオブデスをやってた曲だけど……今だけのスタイルでやろうと思います。前髪をパカッと分けてください!」と呼びかけ、笑いを誘うMAH。「これぐらいしか、分けられるモノは残ってないんだー!」とおどけつつ、イベントのルールや状況を踏まえて「こんなのもありかも、と思った人がいるかもしれないけど、これに慣れちゃダメだぜ! 本来のロックのライヴじゃねえから!」と、しっかり釘を刺すのもライヴハウスを根城にしてきたバンドだからこそ。今回の取り組みはあくまで未来へつなげる為の第一歩であり、決して理想像ではないのだ。

そんなモヤモヤ、苛立ち、情熱、気概、感謝等々、いろんな感情をゴチャまぜにして、力の限り「f.a.i.t.h」を叩きつけた彼ら。どこまでも生々しく、屈強なバンドの生き様を感じ取ることができるライヴだった。


取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎Shoma Yasukawa、岸田哲平

【SiM セットリスト】

1.DiAMOND
2.CAPTAiN HOOK
3.Blah Blah Blah
4.GUNSHOTS
5.BASEBALL BAT
6.Devil in Your Heart
7.KiLLiNG ME
8.f.a.i.t.h

■<SATANIC CARNIVAL 2021>

6月5日(土) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
6月6日(日) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
・物販 / FOOD AREA:start09:30
・ライブ観覧エリア:open10:30 / start11:30 ※19:25終演予定
▼6月5日 出演アーティスト
バックドロップシンデレラ (※new)
The BONEZ
Dizzy Sunfist
Fear, and Loathing in Las Vegas
マキシマム ザ ホルモン
NAMBA69 (※new)
Northern19 (※new)
ROTTENGRAFFTY
SiM
SPARK!!SOUND!!SHOW!! (※new)
Survive Said The Prophet
suspended 4th
WANIMA
▼6月6日 出演アーティスト
04 Limited Sazabys
10-FEET
Age Factory (※new)
coldrain
G-FREAK FACTORY (※new)
ハルカミライ
HAWAIIAN6 (※new)
HEY-SMITH
Ken Yokoyama
MONGOL800
NOISEMAKER
SHADOWS
TOTALFAT (※new)
[O.A.] PALEDUSK (※new)
▼チケット ※全て電子チケットでの取り扱い
【一般発売】
2日通し券 ¥17,800 / 1日券 ¥9,500
発売開始:5月22日(土)〜

この記事をツイート

この記事の関連情報