【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>バックドロップシンデレラ、HELL STAGEの名前に恥じない“ダンス地獄”

ツイート

いい意味で見た目もキャラもバラバラと言えなくもない男女混成の4人組、バックドロップシンデレラ。しかし、この4人が音を鳴らせば観客は右へ倣えで踊り狂う。この日もそんな狂乱の宴が繰り広げられた。

◆バックドロップシンデレラ 画像

オープナーは「およげ!たいやきくん」のカヴァー。そこに、今回<SATANIC CARNIVAL 2021>の出演オファーが遅かったことを歌詞にして乗せる豊島”ペリー来航”渉(Vo,G)。ユーモアたっぷりのアプローチで観客の心をほぐした後、「バズらせない天才」をプレイ。でんでけあゆみ(Vo)のハイトーンボイスに惹かれつつ、豊島、アサヒキャナコ(B,Cho)、鬼ヶ島一徳(Dr,Cho)の演奏陣のグルーヴも最高に気持ちいい。



ド直球の曲名を冠した「フェスだして」に入ると、軽快なリズムに合わせ、観客もスカダンスで対抗。またRAGE AGAINST THE MACHINEの「Killing In The Name」のメロディに歌詞を乗せたり、曲中に「<SATANIC CARNICAL>出れたー!」と改めて喜びを露わにする豊島は、ライヴ現場で声を出せないことに抗うために(?)、「黙祷しましょう!」と呼びかけたりと、トリッキーな演出で観客の意識を弄んでいた。



そして「2020年はロックを聴かない」ではリズミックな曲調で観客をより一層踊らせた後、豊島は「小さなライヴハウスの店長をやっているけど、めちゃくちゃ大変で……今日はハッピーエンドで終わるように!」と話しかけ、「本気でウンザウンザを踊る」「月あかりウンザウンザを踊る」と2連打を見舞う。後者において、でんでけあゆみがステージ下手の鉄柱によじ登り、踊りながら歌い上げる場面に多くの観客が釘付けになっていた。

最後は「さらば青春のパンク」のトドメを刺し、観客も笑顔で大騒ぎ。HELL STAGEの名前に恥じない“ダンス地獄”を作り上げたメンバー4人に対して、心から拍手喝采を送りたい。

取材・文◎荒金良介
撮影◎半田安政

【バックドロップシンデレラ セットリスト】

1.およげ!たいやきくん
2.バズらせない天才
3.フェスだして
4.2020年はロックを聴かない
5.本気でウンザウンザを踊る
6.月あかりウンザウンザを踊る
7.さらば青春のパンク

■<SATANIC CARNIVAL 2021>

6月5日(土) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
6月6日(日) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
・物販 / FOOD AREA:start09:30
・ライブ観覧エリア:open10:30 / start11:30 ※19:25終演予定
▼6月5日 出演アーティスト
バックドロップシンデレラ (※new)
The BONEZ
Dizzy Sunfist
Fear, and Loathing in Las Vegas
マキシマム ザ ホルモン
NAMBA69 (※new)
Northern19 (※new)
ROTTENGRAFFTY
SiM
SPARK!!SOUND!!SHOW!! (※new)
Survive Said The Prophet
suspended 4th
WANIMA
▼6月6日 出演アーティスト
04 Limited Sazabys
10-FEET
Age Factory (※new)
coldrain
G-FREAK FACTORY (※new)
ハルカミライ
HAWAIIAN6 (※new)
HEY-SMITH
Ken Yokoyama
MONGOL800
NOISEMAKER
SHADOWS
TOTALFAT (※new)
[O.A.] PALEDUSK (※new)
▼チケット ※全て電子チケットでの取り扱い
【一般発売】
2日通し券 ¥17,800 / 1日券 ¥9,500
発売開始:5月22日(土)〜

この記事をツイート

この記事の関連情報