【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>10-FEET 、「大暴れのライブ、また戻ってくるから!」

ツイート

降り続く雨もすっかりやみ、青空も見え始めたコニファーフォレスト。湿度のせいで蒸し暑く、どこか京都の初夏も思わせる。そして鳴り始めたSEと共に掲げられるタオルは、10-FEETや<京都大作戦>のもの。ピッタリのシチュエーションのもと、ついに登場するのは10-FEETだ。

◆10-FEET 画像

「元気? イケるかー!」──TAKUMA (Vo, G)

そう叫んだTAKUMAは、両腕で脇をパクパクと鳴らすような変な動き。釣られて、思わず動きをマネするファンも。それを見てニヤリと笑うTAKUMA。


「おっしゃ、ほな、行こうか!」というTAKUMAの掛け声を合図にバンドサウンドをかき鳴らし、「RIVER」へ突入した。これまでに様々なツアー会場で響かせ、いくつもの思い出も作ってきた10-FEETの名曲のひとつ。この<SATANIC CARNIVAL>で一発目に持ってくることで、全国各地から来たオーディエンスのひとりひとりを大歓迎しているのだ。暑い野外で体感する「RIVER」に、様々な思い出も重ね合わせるように酔いしれるオーディエンスでもあった。

「今日も行こうぜ、<SATANIC CARNIVAL>!」──NAOKI (B, Vo)

エンディングでそう叫ぶNAOKIの声は、覚醒の合図だ。TAKUMAも「生きてんのか、おい!」とオーディエンスに喝を入れた。




KOUICHI(Dr, Cho)のカウントで「ハローフィクサー」へ。コロナ禍前だったらAメロからモッシュも起こる曲のひとつだが、今は曲に合わせて手拍子やコブシがあがる。手拍子の音も重なって力強さも増す曲。新たな形のライブナンバーへと成長した姿がそこにはあった。

「最初で最後、今日という日。もったいない、名残惜しい日にしようよ」──TAKUMA (Vo, G)

そう語りながら始まった「その向こうへ」では、いつもならファンのみんなも歌うところを全て自分で歌ってやろうとするTAKUMA。その気迫と思いのすごさで声が枯れそうになる瞬間も。その瞬間ごと、間違いなくみんなの気持ちを撃ち抜いていった。だからこそ、「アオ」を噛みしめるように聴き入るオーディエンスの姿もあちこちに。


「みんな、元気? 元気やったらこうやって」と改めて登場時のアクションをするのはTAKUMA。素直にそうやると「アホちゃう」と笑う。とはいえ「大暴れのライブ、また戻ってくるから。俺が世界中のコロナウイルス吸い込んで、うがいして、一人で2週間、自己隔離して……」とか「ワクチン、グッズで出たらええのに」と笑いを絡めながら、みんなの気持ちをほぐしていった。曲も話も、常にそれぞれの人の気持ちに寄り添いながら、勇気をくれる。そんなところも10-FEETの魅力だろう。そして優しさで包むように「シエラのように」を聴かせていく。

この日のライブを締めくくったのは「goes on」。もがいても、もがいても、それでも強く生きていけ、という曲だ。歓迎のような「RIVER」から始まって、最後は明日への糧にもなる力強いメッセージをひとりひとりに突きつける。10-FEETにしかできないライブがここにあった。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎Shoma Yasukawa

【10-FEET セットリスト】

1.RIVER
2.ハローフィクサー
3.その向こうへ
4.アオ
5.シエラのように
6.ヒトリセカイ
7.goes on

■<SATANIC CARNIVAL 2021>

6月5日(土) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
6月6日(日) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
・物販 / FOOD AREA:start09:30
・ライブ観覧エリア:open10:30 / start11:30 ※19:25終演予定
▼6月5日 出演アーティスト
バックドロップシンデレラ (※new)
The BONEZ
Dizzy Sunfist
Fear, and Loathing in Las Vegas
マキシマム ザ ホルモン
NAMBA69 (※new)
Northern19 (※new)
ROTTENGRAFFTY
SiM
SPARK!!SOUND!!SHOW!! (※new)
Survive Said The Prophet
suspended 4th
WANIMA
▼6月6日 出演アーティスト
04 Limited Sazabys
10-FEET
Age Factory (※new)
coldrain
G-FREAK FACTORY (※new)
ハルカミライ
HAWAIIAN6 (※new)
HEY-SMITH
Ken Yokoyama
MONGOL800
NOISEMAKER
SHADOWS
TOTALFAT (※new)
[O.A.] PALEDUSK (※new)
▼チケット ※全て電子チケットでの取り扱い
【一般発売】
2日通し券 ¥17,800 / 1日券 ¥9,500
発売開始:5月22日(土)〜

この記事をツイート

この記事の関連情報