米津玄師、「Pale Blue」ミュージックビデオ公開

ツイート

米津玄師の「Pale Blue」ミュージックビデオがオフィシャルYouTubeチャンネルに公開となった。同楽曲はTBSドラマ『リコカツ』主題歌に起用されている。

◆米津玄師 動画 / 画像

米津は本日17時、Instagram、Twitterアカウントにペールブルー1色の画像と“#PaleBlueLetter”の文字を投稿。そして、ドラマ『リコカツ』の放送終了後の22時55分に公開されたのが楽曲「Pale Blue」ミュージックビデオだ。

投稿されたペールブルー1色の画像は、Instagramのカメラフィルターなどを使用して加工したもの。コントラストを上げると、“Pale Blue フタフタゴーゴー MV公開”という文字が出現するという公開日時を伝えるデジタルギミックレターだった。また、同時にアップされたInstagramストーリーは、同様のギミックでミュージックビデオのティザー映像が展開されるというもの。昨年の「STRAY SHEEP」の“メールス信号”を思い出したユーザーによる謎解きがスタートし、“フタフタ” “MV公開”がトレンド入りするなど、SNS上はペールブルーに染まった。





もちろん画像に記載された“フタフタゴーゴー”は22:55のことで、ドラマ『リコカツ』内で”紘一”が時間を伝える際の表現に合わせたものだ。

「Pale Blue」ミュージックビデオは、「Lemon」「馬と鹿」「カムパネルラ」を手掛けた映像作家の山田智和が監督を務めた。また、米津玄師プロデュースのFoorin「パプリカ」の振り付けや、『紅白歌合戦』に米津が歌唱した際のダンサーを務めた菅原小春が出演。すれ違いながらも、相手を思う気持ちを演じている。淡く青い世界の中、光を求め、切実に歌をうたう米津が印象的な仕上がりだ。




■菅原小春 プロフィール

幼少期に創作ダンスを始め、小中高生の時に数々の有名ダンスコンテストで優勝、早くから注目を集める。2010年に渡米し、独自のダンススタイルが高く評価され、Rihannaなどのトップアーティストのバックダンサーとしてのキャリアを積み、海外でも一目置かれるダンサーとなる。
2015年スティービー・ワンダーとのCM共演が話題となり、2016年、2017年と自らが演出を行った単独公演 SUGAR WATERを成功させる。また、2016年の紅白歌合戦で坂本冬美、蜷川実花、2018年の紅白歌合戦では米津玄師との共演をおこなう。NHK2020応援ソング「パプリカ」では振付を辻本知彦と共作する。2018年には黒田育世の舞台「ラストパイ」で主演、2019年NHK大河ドラマ「いだてん」にも出演し、女優としても活動の幅を広げている。
現在までに世界35ヵ国以上を一人で飛びまわり、ワークショップやショーを行う傍ら、TVCM、ラジオ、ファッション誌などにも登場。

■先行配信「Pale Blue」

2021年5月31日(月)0時配信リリース
配信先:https://lnk.to/Pale_Blue



■11th Single 「Pale Blue」

2021年6月16日(水)発売
https://reissuerecords.net/paleblue/

<収録内容>
CD(全形態共通)
01. Pale Blue(TBS系 金曜ドラマ「リコカツ」主題歌)
02. ゆめうつつ(日本テレビ系「news zero」テーマ曲)
03. 死神

DVD(「リボン盤(初回限定)」のみに収録)
01. 「感電」 Music Video
02. 「カムパネルラ」 Music Video
03. 「カナリヤ」 Music Video
米津玄師 2020 Event / STRAY SHEEP in FORTNITE
04. 迷える羊
05. 感電
06. SPOT

<商品形態>
パズル盤(初回限定):パズル型ジャケット+CD ¥2,000+税 / SECL-2670~71
リボン盤(初回限定):7inch紙ジャケ+CD+DVD ¥1,800+税 / SECL-2672~73
通常盤:CD ¥1,100+税 / SECL-2674

<法人特典(共通)>
「Pale Blueフレグランス」
※特典は「先着」となり、数に限りがあります。一部の店舗/ECサイトでは特典が付かない場合がございます。ご予約ご購入の際は、特典の有無を必ず店頭/ECサイトでご確認下さい。

<商品販売サイト一覧>
https://smej.lnk.to/PaleBlue_CD

この記事をツイート

この記事の関連情報