【俺の楽器・私の愛機】228「一番付き合いの深い古女房」

ツイート

【Gibson Les Paul Standrd 1981】(大阪府 hide-t 今年で51歳)


1990年、20歳になる歳に中古で買った、現時点では一番たくさんの曲を弾いた一本。途中ブランクもありながら30余年を共に過ごしてきます。学生時代のサークルのイベントやライブハウス出演とか、何曲か曲を作ったのもこのギター。

当時、知識が無く、レスポールが流行っていたのと、古い方が良いという思い込みで買った1981年モデルで、レスポールとしては邪道のメイプルネックなのは後から知りました。(個人的にL.A.メタルモデルと呼んでますw)けど、僕にとってのレスポールはこいつの音。

当時は学生でも簡単にローンが組めて、たまたま見に行った楽器屋さんでルックスと音に一目(耳)惚れ。毎月1万円を払い続けて卒業直前に完済。ピックガードを外して、ペグはグローバータイプに交換しています。

長年の使用でネックの塗装が剥がれ、ボディトップもくすみ、ヘッドのロゴも変色してたので、昨年お色直ししました(最後の写真はリペア前の状態)。ネックは保護が目的なので、剥がれた塗装の上からオーバーラッカー。合わせてリフレットとPLEKもして演奏性も向上。自分が生きてる間はこの状態で使い続けれるかなぁ。

重量が5.2kgもあり体力的に辛いので、最近はMusicman Silhouetteに出番を譲ってますが、このギターで弾きたい曲の時はできる限り連れ出しています。




   ◆   ◆   ◆

1980年代のレスポールって、ガッツとパンチがありますよね。レスポールの歴史上は異端な扱いを受けていますけど、パンケーキだからって音に悪影響があるとは思わないし、メイプルネックにはメイプルの魅力があるわけで、中古市場のコスパ的には最強クラス、最高にかわいいモデルだと思っています。この頃のレスポールは無理やりフロイド・ローズやケーラーを搭載していたりしていた時代でもあったので、LAメタルモデルという愛称は超しっくりきます(笑)。ボリュート付きのメイプルネックって、ロックナット付けるにはうってつけだしね。(JMN統括編集長 烏丸)

★皆さんの楽器を紹介させてください

「俺の楽器・私の愛機」コーナーでは、皆さんご自慢の楽器を募集しています。BARKS楽器人編集部までガンガンお寄せください。編集部のコメントとともにご紹介させていただきますので、以下の要素をお待ちしております。

(1)投稿タイトル
 (例)必死にバイトしてやっと買った憧れのジャガー
 (例)絵を書いたら世界一かわいくなったカリンバ
(2)楽器名(ブランド・モデル名)
 (例)トラヴィス・ビーン TB-1000
 (例)自作タンバリン 手作り3号
(3)お名前 所在 年齢
 (例)練習嫌いさん 静岡県 21歳
 (例)山田太郎さん 北区赤羽市 X歳
(4)説明・自慢トーク
 ※文章量問いません。エピソード/こだわり/自慢ポイントなど、何でも構いません。パッションあふれる投稿をお待ちしております。
(5)写真
 ※最大5枚まで

●応募フォーム:https://forms.gle/XX72yo6Ph3BwqQHE9

◆【俺の楽器・私の愛機】まとめページ
この記事をツイート

この記事の関連情報