伊藤ゴローによるジョアン・ジルベルトへのトリビュートAL本日発売&ALティザー映像公開

ツイート
(c)Takashi Homma

1958年にアントニオ・カルロス・ジョビンとともにボサノヴァを生み出し、以降、生涯にわたりボサノヴァを追求し続けた孤高のアーティスト、ジョアン・ジルベルト(1931~2019)。

◆伊藤ゴロー 関連動画&画像

(c)Universal Classics & Jazz

晩年は3度にわたる来日公演で日本の音楽ファンを大いに魅了した。そんなジョアンの90回目の誕生日(2021年6月10日)に合わせて、伊藤ゴロー アンサンブルによるトリビュート・アルバム『アモローゾフィア ~アブストラクト・ジョアン~』が本日リリースされた。

伊藤ゴローは、ジョアン・ジルベルト直系のボサノヴァ・ギタリスト/作編曲家で、映画音楽やTVアニメ音楽も手がけ、ボサノヴァ・デュオnaomi & goroとしての活動や、原田知世のプロデューサーとしても活躍中である。今回の作品で伊藤は、1977年にジョアンが発表した名匠クラウス・オガーマンのオーケストラ編曲と指揮によるアルバム『アモローゾ』をテーマに、ジョアンとアントニオ・カルロス・ジョビンが創り上げたボサノヴァの芸術や、クラウス・オガーマンのアレンジを探求し、その上で新たにオーケストラ編曲を手がけている。

書き下ろしの組曲「アモローゾフィア」(編成違いの2ヴァージョン収録)や、「ウェイヴ」、「三月の水」、「エスターテ」といったジョアンのレパートリーとして有名なナンバーなどをオーケストラ・アンサンブルで披露した、世界的にも他に例のないユニークなトリビュート・アルバム。単なる心地よさだけではない、ボサノヴァの奥深さを知ることができる作品となっている。

また伊藤ゴローが自ら編集を手がけたアルバムのティザー映像が公開された。


なお6月16日に発売される、豪華ミュージシャンが集結した、もう一枚のトリビュート・アルバム『ジョアン・ジルベルト・エテルノ』にも伊藤ゴローは1曲参加している。


伊藤ゴロー アンサンブル 『アモローゾフィア ~アブストラクト・ジョアン~』

2021年6月9日(水)発売
UCCJ-2194 \3,300 (tax in)
Verve/ユニバーサルミュージック
購入・試聴はこちら
https://jazz.lnk.to/GoroIto_AMOROZSOFIAPR

■収録曲
01-03 アモローゾフィア
I ゴースト・シスル
II 仮想グリフ
III ゆがんだ視線
04 プレルディウム
05 ジ・エンド・オブ・フェブラリー
06 ウェイヴ
07 三月の水
08 エスターテ
09-11 アモローゾフィア (チェンバー・アンサンブル)
I フローズン・シスル
II 仮想グリフ
III ゆがんだ視線
All Songs Orchestrated & Arranged by 伊藤ゴロー
Produced by 伊藤ゴロー

◆伊藤ゴロー オフィシャルサイト
◆ジョアン・ジルベルト 日本オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報