【インタビュー】SOLIDEMO、愛と感謝を胸に新たな夢へ

ツイート

■「一緒に夢を追いかけたい」と思ってもらえるような存在になっていきたい

──ここからは新曲の「Precious One」について訊かせてください。新体制一発目ということで、みなさんとしてはどういう曲を求めていましたか?

手島:まず、「今までのSOLIDEMOと変えたいね」という話をしていて。今までは生っぽいサウンドが多かったので、今回は打ち込みを入れていただきました。

木全:歌詞に関しては、最初にテーマを決め、それを元に僕らの方で一旦歌詞を作らせていただいて。そのあと作詞家の方に入っていただき、コライトしていきました。

──“君”と“僕”のラブソングとして解釈できる歌詞の中に、ファンの方々へのメッセージをこめたんですよね。

シュネル:はい。ライブがなかなかできず、僕らから直接言葉を伝える機会もないことによって、ファンのみなさんを不安にもさせてしまっていたと思うので、「ファンの方に向けたメッセージを込めた曲にしたい」というのは全員同じ気持ちであったので、“愛してる”のようなストレートな言葉も入れることにしました。

木全:恋愛では、男性側が自分の気持ちをちゃんと伝えず、「言わなくても分かるだろ」という態度をとって、女性を寂しい気持ちにさせてしまうことってありがちじゃないですか。そういうところと、Collarsのみなさんへの想いを重ねながら作っていって。なので、僕らの書いた歌詞を作詞家の方に見ていただき、女性として言われたい言葉に置き換えてもらった部分もあります。

手島:僕らとしては、歌詞を書くときにはCollarsのことしか考えていなくて。だからCollarsのみんなは「自分に言われている」と思いながら聴いてもらって、初めてSOLIDEMOの楽曲を聴いてくれた方は恋愛の曲として捉えてくれればいいかなという感じです。Dメロには“僕だけの女神 泣かないで”と、「The One」の歌詞にもある言葉を入れています。デビュー曲の歌詞を入れることで、Collarsに対する感謝や愛を伝えられるんじゃないかと考えました。

▲木全 寛幸

──ファン以外のリスナーにも届くポップスとしてしっかり成立させつつ、Collarsだからこそ分かるポイントを盛り込むことを大切にしたと。

手島:はい。そこは特に考えていて。やっぱり、Collarsのみんなが待っていてくれるからこそ僕らは頑張れるので。その気持ちは大事にしたいです。

中山:レコーディング中もいろいろな情景が浮かんできて。僕らはグループカラーがオレンジなので、ライブではCollarsのみんながオレンジ色のペンライトを振ってくれるんですよ。Collarsのみんなはライブを一緒に作り上げてくれる仲間だけど、今は情勢的になかなかライブやイベントができない。「こういう情景もあったな」と改めて自分の頭の中で思い浮かべながらレコーディングに臨みました。僕はDメロを唄わせていただいているんですけど、“笑っていて僕の側で 他に何もいらない”というところも、本当にCollarsの一人ひとりに向けて唄っています。

木全:僕はド頭を唄わせていただいているんですけど、ニュアンスフルに唄うというよりは、丁寧に唄うことを心がけてました。

──静かなA~Bメロを経てサビでどれだけ跳躍できるか、そのダイナミクスが肝になってくる曲なので、全体の基準点となる唄い出しはとても大事ですよね。

木全:いや~、めちゃくちゃ緊張しました。小さくなりすぎると聞こえなくなるからもちろんダメですし、かといって気合いが入って大きくなると、オケの世界観と合わなくなりますし。かつ、この歌のプロローグのようなパートなので、情景や今置かれている状況を丁寧に伝えることを意識しながら唄いました。

──そしてやはりインパクトがあるのがサビ冒頭の“愛してる”。

手島:“して”の時に1オクターブぐらい飛ぶんですよ。少しでも気を抜くと上の音が当たらないです(笑)。

中山:ブレイクしているしね。

手島:そうそう。1番は優貴くんから僕のパートに入るんですけど、繋いでくれたあと、ちょっと間が空くのが最初のうちは怖くて。でも“愛してる”と唄ったときにサウンド的にもバーンと開けるじゃないですか。キマッたときはめちゃくちゃ気持ちいいです。

▲中山 優貴

──カラオケで唄うのも気持ちよさそうですね。そしてサビ後半も跳躍が激しいです。

向山:サビの後半はHiE♭まで飛ぶんですよ。HiE♭は僕のキーからするとすごく高くて、だけど落ち着いて音を当てなきゃいけないと思いながら唄っていると、若干ミスることもります。そういうときは「あちゃ~」と思いますし、反省点ではあるんですけど、そういうものもライブの味になるのかなと思ってます。

──これだけストレートな言葉が並んでいるので、最終的には上手に唄うことよりも、しっかり気持ちを乗せられるかどうかが大事になってきますよね。

向山:そうですね。特に大サビの最後の“もう迷わない離さない”というところは、ライブでも自然と気持ちが乗って。

シュネル:ミックスのときに「声の荒々しさを残してほしい」「あまり綺麗にしすぎないでほしい」とお願いしたのは覚えています。僕は2サビの前半を唄わせてもらっているんですけど、心から出る“愛してる”を伝えるためには、多少荒々しくてもいいんじゃないかと。レコーディングのときも、普段はワンフレーズごとに録ることが多いんですけど、感情そのまま全部曲に乗せるために、今回はつるっと通して録るようにしました。

──5人それぞれの声の個性、剥き出しの感情が伝わってくるような素晴らしいテイクだと思います。ライブでさらに進化していきそうな予感もしますし。

向山:ありがとうございます。「僕たちの想いをCollarsのみなさんに届けていきたい」という気持ちで、これからも唄っていきたいです。

▲手島 章斗

──前回のインタビューは「5人体制の方向性を考えていかなくては」という話で終わりましたが、新曲制作やライブを通して、改めて見えてきたことはありましたか?

シュネル:僕らはボーカルグループなので、一番力を入れるべきところはやっぱり唄なのかなと。なので、大人びた側面を見せつつも、5人の歌というものを押し出しながら、5人の個性を活かした楽曲を考えていきながら、これからのSOLIDEMOを作っていきたいと思っています。

手島:今それぞれの中に強い責任感があるんですよ。なので、俳優だったりソロでの音楽活動だったりグループ外の活動も含め、各々の得意分野を突き詰めながら、改めてSOLIDEMOを大きくしていこうという目標があります。

向山:5人でたくさん話し合いをしましたし、グループのいちメンバーとしての自分の在り方を改めて考えましたし、「もっと頑張らないといけない」「だったらどうしていけばいいのか」と一人ひとりがグループのことをすごく考えるようになったんです。なので、今は頑張るだけだと思っています。僕たちの気持ちや熱意、覚悟をCollarsのみなさんにしっかりとお伝えして、「一緒に夢を追いかけたい」と思ってもらえるような存在になっていきたいです。

取材・文◎蜂須賀ちなみ

<SOLIDEMO ONEMAN LIVE「FIVE to NEXT STAGE」>

2021年
6月23日(水)大阪・BIGCAT
OPEN/17:00
START/18:00
TICKET/¥5,500(別途ドリンク代)
チケット購入:https://eplus.jp/solidemo-ep/

7月1日(木)東京・新宿BLAZE
https://shinjuku-blaze.com/access
OPEN/17:00
START/18:00
TICKET/¥5,500(別途ドリンク代)
チケット購入:https://eplus.jp/sf/detail/3433690001-P0030001

この記事をツイート

この記事の関連情報