スリップノット「みんなとシェアしたくなってきたポール・グレイへの追悼曲がある」

ツイート

スリップノットは2010年に亡くなったバンド・メイト、ポール・グレイ(B)への追悼曲を制作していたという。あまりにも私的だと、ショーン・クラハンはこれまでその曲を自分達のために取っておいたが、最近、ファンとシェアしたいと考えるようになったそうだ。

クラハンは米ミネアポリスのラジオ局93Xの番組にゲスト出演した際、「未発表の曲はいっぱいある」と話した。「ある程度進め、いい感じだとしても、何かが足りないとか、今一つ輝いていないとかで、お蔵入りさせた曲が山ほどある」

「俺ら、ポール・グレイのために“Without The Gray”って曲を作ったんだ。これは多分、俺のせいなんだが、俺はあれを長いこと、そのままにしている。当時、あまりにも私的過ぎて、俺らのために取っておく必要があると思ったんだ。いまは、そうじゃない。俺らじゃなくみんなのものにしたい」

スリップノットは現在、ニュー・アルバムを制作中で、もしかしたら「Without The Gray」がそこに収録されるかもしれない。クラハンは7月終わりまでにアルバムを完成させ、年内にリリースしたいと話している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報