UVERworldの横アリ公演初日に山田孝之がシークレット出演。「来鳥江」でコラボ

ツイート


6月6日(日)に結成21周年を迎えたUVERworldが6月12日(土)、有観客によるライブ<UVERworld Premium Live 2021 at Yokohama Arena>を神奈川・横浜アリーナにて開催した。

6月12日(土)および13日(日)に各昼夜計4公演実施され、全公演でセットリストが変わるという本公演の1公演目となる6月12日(土)の昼公演は、序盤から「Touch off」「PRAYING RUN」といった熱量の高いライブ定番曲を展開。久々に披露された「RANGE」では事前にアプリを使用してファンから集めたコーラスを使用し、声が出せない公演の中会場に大合唱が起こるという彼ららしい演出もあった。







そしてライブ中盤では、昨年よりライブでたびたび披露され、彼らと20年来の親交のあるミュージシャン愛笑むfrom徳川eq.と共に歌ってきた「来鳥江」を披露。以前よりもう一人コラボするボーカリストいることを明言していたが本楽曲だが、「今日完成形を披露する」と、三人目のボーカルである俳優の山田孝之をサプライズで呼び込むと、会場のファンは驚きの表情を見せつつも大きな拍手で迎え入れた。



なお、「来鳥江」のリリースは近日発表予定とのこと。このビッグコラボの続報に期待したい。

撮影:森好弘

<UVERworld Premium Live 2021 at Yokohama Arena>

2021年6月12日(土)・13日(日)
会場:横浜アリーナ
昼公演:14時開演
夜公演:19時開演
この記事をツイート

この記事の関連情報