カート・コバーンの自画像、予想価格28倍の3100万円で落札

ツイート

音楽だけでなく数多くのアート作品を遺したニルヴァーナのフロントマン、カート・コバーンが描いた自画像がオークションに出品され、28万1,250ドル(約3,100万円)で落札された。

◆関連画像

6月11~13日にこのオークションを開催した競売会社Julian Auctionsは、当初、落札価格を1万~2万ドル(約110万~220万円)の間と予想していたが、最終的にはその14~28倍の値を付けた。

カートはシンガポールにあるスタジオ、TNTミュージック・センターの便箋にフェルトペンを使い、ギターをプレイする自画像を描いた。「プレイの仕方知らないけど、どうでもいい! カート・コバーン ロックスター」との言葉を入れている。



カートはこの絵を、1992年、アルバム『Nevermind』のプロモーションでシンガポールを訪れた際同行していたフリーランスのフォトグラファーJacque Chongさんにプレゼントしたそうだ。Chongさんの許可を得て、Dover Street Market GinzaがプリントTシャツにしたこともあるという。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報