郷ひろみ、両A面シングルで川谷絵音とSASUKEが楽曲制作に参加

ツイート


2021年8月4日にリリースされる郷ひろみのニューシングルの収録曲詳細と、ジャケット写真および最新アーティスト写真が公開された。

1972年8月1日に「男の子女の子」でレコードデビュー。2022年にデビュー50周年を迎える郷ひろみが今年2021年8月からの50年イヤーの幕開けを華々しく飾るニューシングルは、両A面仕様だ。シングル表題曲「100GO!回の確信犯」(読み:ヒャクゴカイノカクシンハン)は、18歳のトラックメイカーSASUKEが作詞・作曲・ミックスを担当。郷ひろみが今まで発表してきた全105曲のシングルの中から、「男の子女の子」、「よろしく哀愁」、「お嫁サンバ」、「お化けのロック」、「2億4千万の瞳-エキゾチック・ジャパン-」、「GOLDFINGER '99」といった代表的なナンバー16曲を大胆にサンプリングして新たな楽曲に再構築しており、アップテンポでファンキーなダンスチューンに仕上がっているという。

両A面のもう1曲「狐火」(読み:キツネビ)は、バート・バカラックが2020年に発表した美しいバラード「Bells of St.Augustine」のカバーで、日本語歌詞を川谷絵音が担当した。こちらは大人の男性の心象風景を鮮やかに描き出した歌詞が印象的な、エモーショナルな楽曲に仕上がっているようだ。

▲シングル「100GO!回の確信犯 / 狐火」初回生産限定盤

▲シングル「100GO!回の確信犯 / 狐火」通常盤

  ◆  ◆  ◆

<SASUKEコメント>
楽曲提供のお話をいただいた時は凄くビックリしました。
50周年イヤーを飾る新曲ということで、とても光栄だと思いました。

さらに驚いたのは過去のシングル105曲を自由にサンプリングして良いという事でした(笑)。
とにかく僕は過去の曲を徹底的に聴き込みました。郷さんは今までに様々なジャンルの曲を歌って来られた事が分かり、どんな曲でも作れると思いました。

郷さんの歴史やスター性、歌声を最大限に生かし、勢いのある華やかな歌詞と楽曲にすることを意識しました。レコーディングの時にこの曲を歌う郷さんを目の前で見た時はとても感動しました。皆さんもこの曲でパワフルに進化し続ける郷さんに心を撃ち抜かれていただければ最高です!

<川谷絵音コメント>
郷ひろみさんの作品に関わらせて頂くような人生になるとは思いませんでした、本当に光栄です。更に作詞だけの仕事は初めてな上にバカラックの曲の日本語詞。訳詞ではなく、完全オリジナル。難しかったのですが、セクシーな郷さんの声に合うように練りに練って書きました。是非お聴きください。

  ◆  ◆  ◆

ニューシングル「100GO!回の確信犯 / 狐火」

2021年8月4日発売
※両A面仕様

(収録曲)
1.100GO!回の確信犯 
Words,Music&Mix:SASUKE

2.狐火
Written by Daniel Keyes Tashian, Burt F Bacharach
日本語詞:川谷絵音


・初回生産限定盤(CD+DVD)1,850円(税込み)SRCL-11855~11856
※「100GO!回の確信犯」ミュージックビデオ&メイキング映像を収録したDVD付
※直筆サイン入り&ナンバリングポスタープレゼント応募券封入

・初回仕様限定盤(CDのみ)1,400円(税込み)SRCL-11857
※直筆サイン入り&ナンバリングポスタープレゼント応募券封入
※初回仕様限定盤が無くなり次第、通常盤になります。
(通常盤には応募券は封入されません)

・予約特典:
CDショップ:特製ポストカード
Amazon co.jp:メガジャケ
※CDショップ特典の特製ポストカードに関しましては、初回生産限定盤のみが対象となります。
通常盤は特典対象外となりますのであらかじめご了承ください。
※CDショップ特典に関しましては、2021年7月11日(日)23時59分までの店頭(ECサイト)受付となります。なお、ECサイトにてご予約をご希望のお客様は、特典付きカートが上がり次第ご予約を行ってください。なお、詳しくは、各店舗にお問い合わせください。
※一部オンラインショップ、一部店頭を除きます。ご予約される際に店舗にてご確認ください。

<CDの予約・購入はこちらから>
https://smr.lnk.to/20210804

この記事をツイート

この記事の関連情報