【ライブレポート】錦戸亮、全国ホールツアー完走「今日は僕、浮足立っていて、ソワソワしているんです」

ツイート

錦戸亮が6月16日、<LIVE TOUR 2021 “Note”>のツアーファイナル公演を東京・中野サンプラザにて開催した。

◆ライブ写真

独立後は、ほぼ休むことなくコンスタントに制作、ライブと邁進してきた錦戸。2021年に入ってからも、1月に2ndアルバム『Note』をリリース、3月には<錦戸 亮 「Note」リリース記念スペシャルイベント>、ファンクラブ限定ライブハウスツアー<LIVE 2021 “Note”>を敢行し、4月15日からは全国ホールツアー<LIVE TOUR 2021 “Note”>を行っていた。

コロナ禍であるため、ツアーは中止や延期、振替公演など、必ずしも予定通りではなかったものの、6月16日に中野サンプラザでツアーファイナルを開催。

「今日は僕、浮足立っていて、ソワソワしているんです」

声が出せなくとも、すべてのシートを埋め尽くせないとしても、それでもライブがしたい。感染予防対策を徹底しつつ駆け抜けた、最後の公演での素直な言葉であった。

また、錦戸は「追加公演も含めて、今日が事実上最後なので、できる限りのことをやっていきたいと思います。声が出せない状況ですので、もしよければ、同意するときは拍手で答えていただいてよろしいでしょうか!?」「追加ができてよかったなぁと、ここにいる全員が思えるような空間をみなさんで作れることを期待しております。よろしくお願いします」と語った。


セットリストは、1stアルバム『NOMAD』と2ndアルバム『Note』の楽曲に、未収録の新曲をあわせた全20曲。このツアーのため練習を重ねてきたというサックス演奏も披露した。曲によって巧みに手拍子とサイリウムで反応する観客も、このライブを構成する大事なメンバーだ。

「みなさんに来て頂ける環境にいることが幸せだと思いますし、もっともっと、みなさんを鼓舞できるよう、これからも頑張っていきたいです。ホンマにありがとう」

公演ごとに研ぎ澄まされていく歌声と演奏には、何度も体験したくなる中毒性がある。アンコールまですべて終えた瞬間、2021年冬のアリーナ公演の情報が映し出され、一層大きな拍手が沸き起こった。状況が好転し、多くの人がライブに参戦できることを願いたい。

撮影:田中聖太郎

■<錦戸亮 LIVE TOUR 2021 “Note”>

東京・中野サンプラザ
01. ラストノート
02. Top note
03. ノマド
04. ハイボール
05. キッチン
06. 若葉
07. Silence
08. ホンキートンクラプソディ
09. アンブレラ
10. 微睡み
11. Half Down
12. 罰ゲーム
13. Middle note
14. コノ世界ニサヨウナラ
15. Point of Departure
16. バッジ
17. Tokyoholic
18. オモイデドロボー
[アンコール]
19. I don't understand
20. ツキノハナシ
この記事をツイート

この記事の関連情報