<SUPERSONIC>ヘッドライナーにゼッド、カイゴ。アラン・ウォーカー、スティーヴ・アオキの出演も決定

ツイート


2021年9月18日(土)と19日(日)の2日間にわたり、千葉・ZOZOマリンスタジアム及び大阪・舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)で開催される<SUPERSONIC 2021>の出演アーティストが発表された。

9月18日のZOZOマリンスタジアム公演および、9月19日の舞洲SONIC PARK公演は、ゼッドがヘッドライナーとして出演する。また、アラン・ウォーカー、ニッキー・ロメロ、クリーン・バンディット(DJセット)、オーロラが決定。9月19日のZOZOマリンスタジアム公演および、9月18日の舞洲SONIC PARK公演ではカイゴがヘッドライナーを務める。同日程にはスティーヴ・アオキ、R3HAB、デジタリズム、きゃりーぱみゅぱみゅ(ZOZOマリンスタジアム公演のみ)、フランク・ウォーカーの登場が明らかになった。公式からは、「スケジュールやキャパシティの制約により、残念ながら出演が実現しなかったアーティストもいますが、コロナ禍を吹き飛ばす強力なラインナップで皆さんをお迎えします。今後の追加アーティストにもご注目ください」とメッセージを伝えている。

また、クリエイティブマンプロダクション代表・清水直樹氏は以下のコメントを寄せた。

  ◆  ◆  ◆

<スーパーソニック開催に際して>

スーパーソニックの開催を宣言します。2020年3月から途絶えていた海外アーティストのライヴが1年6ヶ月ぶりに日本でリスタートします。昨年の9月は孤軍奮闘しながらの延期となりましたが、今年は状況が違います。すでにこの春からは野外フェスティバルが始まり、スポーツ界、演劇界からは関係者が海外から日本に来始めている中で、我慢しきっての音楽界からのCALLINGです。

ロック、ダンス、ヒップホップと3日間多彩な顔ぶれだった昨年のラインナップから、海外からの来日アーティスト数の制限と1ステージにしたことで、スーパーソニックはエレクトロ・フェスに劇的に変わりました。今日発表した皆が3日間の隔離があっても日本でプレイしたいと快く承諾してくれた熱く、愛すべきアーティスト達です。その熱量を受け入れる準備はできていますか!

スーパーソニックを無事に成功させた後、洋楽プロモーター各社は様々な国やジャンルを飛び越えて素晴らしい音楽を皆さんに届けていきます。今は早くそうなる事を皆で期待して下さい。

クリエイティブマンプロダクション代表
インターナショナル・プロモーターズ・アライアンス・ジャパン代表
清水直樹

  ◆  ◆  ◆

同イベントは当初2020年9月に開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で全日程が延期に。<SUPERSONIC 2021>では感染症対策を講じて来場者や出演アーティスト、関係スタッフらの安全を十分に考慮しながら、2021年に日本で開催される初のインターナショナル・フェスとして海外アーティストを迎えて開催され、今後も追加アーティストを発表していく予定だ。なお、昨年のチケットの有効日程、払い戻しの詳細についてはホームページからご確認いただきたい。

<SUPERSONIC 2021>

2021年9月18日(土)・19日(日) 千葉・ZOZOマリンスタジアム
9:30 開場/11:30 開演

2021年9月18日(土)・19日(日) 大阪・舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)
9:30 開場/11:30 開演

■出演アーティスト
9月18日:ZOZOマリンスタジアム公演 9月19日:舞洲SONIC PARK公演
ZEDD/ALAN WALKER/NICKY ROMERO
CLEAN BANDIT(DJ SET)/AURORA
...and more

9月19日:ZOZOマリンスタジアム公演 9月18日:舞洲SONIC PARK公演
KYGO/STEVE AOKI/R3HAB
DIGITALISM/きゃりーぱみゅぱみゅ(ZOZOマリンスタジアム公演のみ)/FRANK WALKER
...and more

<SUPERSONIC>オフィシャルサイト
https://supersonic2020.com/

この記事をツイート

この記事の関連情報