ジェフ・ベック、ロニー・ウッドとハイタッチで感電

ツイート

ジェフ・ベックは昔、嵐の中パフォーマンスしていて、ロニー・ウッドとハイタッチし感電したことがあるという。

◆ジェフ・ベック画像

ベックは、自身と縁のあるミュージシャンたちについて語る『Classic Rock』誌のコーナーで、ジェフ・ベック・グループで活動を共にしたロニーとのこんな逸話を披露した。「フロリダで公演を開いたときだ。モンスーン・タイプの雨が降っていて、結露が発生していた。ロニーは素晴らしいベース・ソロをプレイし、俺は彼とハイタッチしたんだ。そしたら、俺らの手に400ボルトが流れた。俺ら、吹っ飛んだよ。2人とも火花が散ったところにあばたのような小さな傷がある」

ベックはこのコーナーで、ロニーほか、ジミ・ヘンドリックス、スライ・ストーン、コージー・パウエル、キース・ムーン、フランク・ザッパ、ジミー・ペイジ、エリック・クラプトン、スティーヴィー・レイ・ヴォーン、ミック・ジャガーを取り上げている。ミックに関しては「1961年、いつも彼と間違えられていた。女の子にキャーキャー言われ、なんなのかわからなかった。“ミック!”って言われて、“ミックって誰だよ?”って思ってたんだ。その後、ザ・ローリング・ストーンズの彼がミック・ジャガーって名前なんだって知った」と、フランク・ザッパについては「彼は最高の大統領になれただろう」などと語った。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報