ニッキー・シックス「ランディ・ローズからクワイエット・ライオットに誘われた」

ツイート

ニッキー・シックスは、モトリー・クルー結成前、ランディ・ローズ(G)とケヴィン・ダブロウ(Vo)からクワイエット・ライオットに加入しないか誘われていたという。

1978年、クワイエット・ライオットからオリジナル・ベーシストのケリー・ガルニが脱退し、シックスがバンド、ロンドンに在籍していたときだったそうだ。シックスはKerrang!ラジオのインタビューで、こう明かした。「ランディとケヴィンからバンドに加入しないかって訊かれたの覚えてる。彼らは新しいベーシストを探していた。当時、彼らはレコード契約を交わしてた。日本でだと思う」

シックスは自分の音楽に専念したかったため、その誘いは断ったという。「俺は当時、たくさんの曲を作ってた。後に『Too Fast For Love』(モトリー・クルーのデビュー作)になるものだ。(誘われた翌年)ランディは脱退し、オジーのところへ行った。そのころ、ロンドンは解散し、俺はモトリー・クルーを始めたんだ」

そのモトリー・クルーは今年、ファースト・アルバム『Too Fast For Love』のリリース40周年を迎える。途中、メンバー・チェンジや活動休止期間はあったものの、40年経ったいまもオリジナル・メンバー4人でプレイしたいと思えるのは、彼らの間に仲間意識があるからだと、シックスは考えているそうだ。

モトリー・クルーは2015年にラスト・ツアーを以て活動を休止したが、2019年秋、4人が署名したツアー停止契約書を爆破し、復活を宣言した。パンデミックで延期が続いているが、2022年夏に北米で復帰ツアーを開催する予定。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報