デーモン・アルバーン、7年半ぶりソロ・アルバム完成

ツイート

デーモン・アルバーンのニュー・アルバム『ザ・ニアラー・ザ・ファウンテン、モア・ピュア・ザ・ストリーム・フロウズ』が11月12日にリリースされることが明らかになった。マーキュリー・プライズにもノミネートされた2014年の『エヴリデイ・ロボッツ』に続く、約7年半ぶり、2枚目のソロ・アルバムだ。

◆デーモン・アルバーン画像、動画

このアルバムは当初、アイスランドの風景にインスパイアされたオーケストラ作品として構想されていたが、デーモンは2020年のロックダウン下でそれを“脆弱性”、“喪失”、“出現”、“再生”のテーマをさらに探求する11のトラックへと展開。そうして、彼自身をストーリーテラーとする楽曲のパノラミックなコレクションが作り上げられたという。アルバムのタイトルはジョン・クレアの詩「Love and Memory」からとって名付けられた。

デーモンは「このレコードを制作している時、僕は自分自身の暗い旅(dark journey)に出ていた。そして、穢れがない源(pure source)がまだ存在するかもしれない、と信じるようになった」と語っている。


英Transgressive Recordsは6月16日、デーモンとレコード契約を結んだことを発表。新しいソロ・アルバムが完成間近だと明かしていた。

アルバム『THE NEARER THE FOUNTAIN, MORE PURE THE STREAM FLOWS(ザ・ニアラー・ザ・ファウンテン、モア・ピュア・ザ・ストリーム・フロウズ)』

2021年11月12日(金)発売
TRANS551CDJ ¥2,750(税込)
※世界同時発売、解説/歌詞/対訳付、日本盤ボーナス・トラック収録
収録曲目:
1. The Nearer The Fountain, More Pure The Stream Flows
2. The Cormorant
3. Royal Morning Blue
4. Combustion
5. Daft Wader
6. Darkness To Light
7. Esja
8. The Tower Of Montevideo
9. Giraffe Trumpet Sea
10. Polaris
11. Particles
※その他、日本盤ボーナス・トラック追加収録

この記事をツイート

この記事の関連情報