ブリンク182のマーク・ホッパス、癌の闘病中であることを公表

ツイート

ブリンク182の創設メンバー、マーク・ホッパス(Vo,B)が、癌と診断され化学療法を受けていることを明かした。

◆ブリンク182画像

ホッパスは水曜日(6月23日)、「この3ヶ月、僕は癌の化学療法を受けている」と始まるメッセージをSNSに投稿した。「僕は癌になった。最悪だ。怖いよ。でも同時に、これを乗り越えるのに、僕には素晴らしい医師たち、家族、友人たちがいることに感謝している。この先まだ数ヶ月治療があるが、僕は希望を持ちポジティブであり続けようとしている。近い将来、癌を克服し、みんなにコンサートで会えるのを楽しみにしている。みんなに愛を」

ホッパスはその数時間前、「イエス、ハロー。癌の治療をひとつお願い」とのキャプションで、病院で撮影した写真をインスタグラム・ストーリーで公開し、すぐに削除していた。



癌の種類や病状については言及されていない。ホッパスのSNSには多くのファンから支援の言葉が届いている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報