BABYMETAL、武道館ワンマン10公演の映像化&音源化決定

ツイート

BABYMETAL史上初の東京・日本武道館10公演ワンマンライブ<10 BABYMETAL BUDOKAN>の模様を収録した映像作品とライブアルバムのリリースが決定した。

◆ティーザー/商品イメージ画像

本日6月26日、『10 BABYMETAL BUDOKAN WORLD PREMIERE』と銘打ち、<10 BABYMETAL BUDOKAN」<DOOMSDAY - Ⅰ~Ⅹ>>から選りすぐりのライブ映像を特別編集したプレミアムエディションを世界最速配信したBABYMETAL。その配信映像の最後に<10 BABYMETAL BUDOKAN>のBlu-ray、DVDそしてライブアルバムが9月29日に発売されることをティーザーの公開とともに発表した。「10 BABYMETAL BUDOKAN」Special Websiteでは収録内容と購入特典の詳細が明らかになっている。



▲Blu-ray, DVD & LIVE ALBUM『10 BABYMETAL BUDOKAN』Key Visual(商品イメージ画像)

一般市販盤として映像商品化されるのは、10公演の最終日となった4月公演の模様を収録した通常盤Blu-ray、DVD、1月公演の映像もセットになった2枚組アナログサイズジャケット仕様の初回生産限定盤2Blu-rayをあわせた3形態。メインコンテンツとなる4月公演<DOOMSDAY - Ⅸ & Ⅹ>では、初期の「ド・キ・ド・キ☆モーニング」、「イジメ、ダメ、ゼッタイ」、「ギミチョコ!!」から3rdアルバム『METAL GALAXY』収録の「Distortion (feat. Alissa White-Gluz)」、「PA PA YA!! (feat. F.HERO)」の最新曲までを網羅している。MOAMETALに加えてキッズダンサーが参加し、三三七拍子の手拍子で会場が一体となった躍動感に溢れ進化した「GJ!」や雲海が広がったステージでSU-METALが凛とした佇まいでピアノの演出も加わり歌った「NO RAIN, NO RAINBOW」、そして、METAL RESISTANCE全10章を締め括る十音の鐘を1枚ずつ打ち鳴らすエンディングのテンカウントなど会場を感動の渦に巻き込んだシーンを余すところなく収録している。日本武道館の八角形の会場の特性を生かした360度のマルチアングルで、アリーナ全体に巨大なステージセットが組み上げられ、ステージ床面のLEDはじめ、空間を立体的に彩るレーザーや吹き上がる炎など規格外の演出とともに、あらゆる角度から撮影された多彩なカメラワークで、臨場感溢れる迫力の映像美を堪能できる内容となっている。

メンバーズサイト「THE ONE」会員限定の商品は2形態。2月後半公演と3月公演のBlu-ray2枚組にそれらの公演のライブCD4枚組、64ページの写真集がセットになったリミテッドエディションと、5種類のセットリストが全て網羅されたBlu-ray5枚組、ライブCD10枚組、104ページの写真集がセットになったコンプリートエディションが用意される。予約販売は6月26日22:30よりスタート。

▲『10 BABYMETAL BUDOKAN』 - THE ONE LIMITED EDITION -_商品イメージ画像

▲『10 BABYMETAL BUDOKAN』 - THE ONE COMPLETE EDITION -_商品イメージ画像

ライブアルバム単独商品は、4月公演を収録した2枚組CD(通常盤)、2枚組アナログ(完全生産限定盤)でリリースされる。

そして、“ONLY THE FOX GOD KNOWS”なアイテムとして、詳細が後日発表予定となっていた「X」が、本映像作品とライブアルバムであることも明らかになった。収録内容や購入特典など、詳細は「10 BABYMETAL BUDOKAN」Special Websiteまで。

この記事をツイート

この記事の関連情報