ReN、新曲「One Last Try (feat. Maisie Peters)」がアシックスのCMソングに

ツイート


ReNの新曲「One Last Try (feat. Maisie Peters)」を起用したアシックスの新TVCM「TEAM RED(R) 私たちはTEAMだ。」が全国で放送開始となった。

◆CM動画、画像

このCMには、内村航平選手、石川佳純選手、篠山竜青選手、中山雄太選手、前田穂南選手、山本篤選手ら、様々な競技で活躍するアスリートたちが出演。アスリートと彼らを応援する人々が同じグラフィックのTシャツを着てそれぞれの場所で過ごす姿を通じて、アシックスが東京オリンピック・パラリンピックにおいて展開する日本代表選手団応援プロジェクト「TEAM RED(R)」のテーマである“離れていても、どこにいても、私たちはTEAMだ。”を表現している。ナレーションは土屋太鳳が担当した。


CMソングの「One Last Try (feat. Maisie Peters)」は、ReNの書き下ろしによる新曲だ。放送開始に合わせて、ReNが楽曲について語るインタビューも公開されている。

   ◆   ◆   ◆

■ReN インタビュー

──今回の楽曲/歌詞に込めた想いを教えてください。

本来であれば2020年に開催される予定だった東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に対して、この一年間もがいてきた苦しさや悔しさに寄り添える歌にしようと思いました。これからステージに向かう人たちへ向けた曲に仕上げています。

──アスリートのどのような想いを歌詞に表現しましたか。

4年に1回というチャンスにめがけ、毎日自分の体や心を削り、もがいてきた日々がすごく多かったと思います。そうした水面下で一生懸命走り続けてきたアスリートたちの姿にフォーカスした歌詞をちりばめています。

──大けがによる挫折を経験されたとお伺いしました。“あがいてもがいた日々”も多かったと思いますが、これまで、誰かの“応援”に助けられたり支えられたりした思い出はありますか。

自分が良いときも悪いときもそばで見てくれている人は常にいます。苦しいときに背中をたたいてくれた仲間や友達は一番大きかったですし、家族は新しい一歩を踏み出す時や大きな悔しさを跳ねのけるときは支えになってくれました。これは今でも変わりません。

──ご活躍にあたって影響を受けたものはありますか。

16歳のときにスポーツをするために海外へ行ったのですが、メンタルをあげたいときや落ち着きたいときにそこで流れていたUKミュージックを聴いて育ってきたので、その景色や匂ってきたものが曲にもサウンドにも残っています。僕が経験してきた世界で鳴っていた音楽の影響は強いと思います。

──オリンピックとパラリンピックの選手へ応援メッセージをお願いします。

待ちに待った東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会。大きなステージに向かって走っていける準備が整ったと思うので、今までの悔しさを全部跳ねのけて、最高のパフォーマンスを見せてもらえたらと思っています!夢と希望を僕たちに届けてください。応援しています!

   ◆   ◆   ◆

■CM情報

タイトル:「TEAM RED(R) 私たちはTEAMだ。」篇
〈15秒〉URL: https://youtu.be/ZiEOSzOUgH4
〈30秒〉URL: https://youtu.be/phiFqDqpDiU
CMソング:「One Last Try (feat. Maisie Peters) / ReN」(書き下ろし楽曲)
放送開始:2021年6月27日(日)より全国で放送開始
出演アスリート:
石川佳純(卓球)、内村航平(体操)、篠山竜青(バスケットボール)、中山雄太(サッカー)、前田穂南(陸上競技女子マラソン)、山本篤(パラ陸上競技走幅跳)

この記事をツイート

この記事の関連情報