かてぃん(角野隼斗)、時代を代表するピアノ系YouTuberらとNHK『クラシックTV』で共演

ツイート

ピアニストのかてぃん(角野隼斗)が6月24日(木)に放送されたNHK『クラシックTV』に出演し、話題のピアニストYouTuberらとの共演を果たした。

先立つこと4月24日には自身のTwitterで番組への出演を報告していた角野。共演にはハラミちゃん、よみぃ、菊池亮太、けいちゃんという名だたるピアニストYouTuberが集まり、ファンからは多くのコメントが寄せられた。

また、ポップスピアニストのハラミちゃんもTwitterで番組の放送日であったことを報告し、「みんな違ってみんないい。」とコメントを添え、オフショットを公開。写真にはハラミちゃん、かてぃん、よみぃ、けいちゃん、菊池亮太が笑顔で映っており、仲睦まじい様子が伺える。番組MCの清塚信也も「敬愛鳴るピアニストたちに心から感謝。すべてのピアニストを応援!」とコメントした。

NHK『クラシックTV』はピアニストの清塚信也、歌手の鈴木愛理がMCを務め、音楽の魅力を「クラシック音楽の視点」で紐解いていく番組。同じピアノ系YouTuberでもこの豪華メンバーが一堂に会すことは滅多になく、貴重な放送回となった。

番組内で清塚は、SNSを中心に活動するピアニストの印象について「SNS界隈で有名な彼らだが、基本的な技術力の高さはもちろん、音楽の構造をちゃんと理解しているからこそのアレンジ力の高さが素晴らしい。原曲とは違う別の表現が自分なりにできていて非常に秀逸だと思う」と彼らについて分析。

ゲストのハラミちゃんは「ポップスピアニストとして活動していますが、演奏する時にはバンドアレンジをいかにピアノで表現できるかを一番意識しています。」と自身のプレイスタイルについて語った。

また、けいちゃんはYouTubeで既にYouTubeで共演したことがあるハラミちゃんとかてぃんについて「ハラミちゃんとの連弾は協力ゲーム、かてぃんとの連弾は対戦ゲームのようだ」と例えた。

■プロフィール(画像左から)
「ハラミちゃん」
YouTube総再生回数3億6000万回超え、登録者171万人。圧倒的な人気と知名度のポップスピアニスト。耳コピによる即興演奏を得意とする。

「よみぃ」
YouTube総再生回数4億6000万回超え、登録者153万人。ピアニスト・作曲家・太鼓の達人の公式アンバサダーなど、マルチに活躍。

「菊池亮太」
YouTube総再生回数1億3000万回超え、登録者35.8万人。LiSA、松本梨香など様々なアーティストのサポートピアノを担当。東京オリンピックCM音楽の作曲も手掛ける

「かてぃん(角野隼斗)」
YouTube総再生回数8,000万回超え、登録者76万人。クラシック音楽に確かな位置を築きつつ、ジャンルを越えた音楽すべてに丁寧に軸足を置く、新しいタイプのピアニストとして注目を集めている。

「けいちゃん」
YouTube総再生回数2億2000万回超え、登録者103万人。3歳からピアノを始め、音楽大学へ進学。ストリートでの活動を中心に行うピアニストYouTuber。

この記事をツイート

この記事の関連情報