iConnectivity、2台のPC/スマホを接続して同時に使用できるオーディオインターフェイス「AUDIO4c」

ツイート

iConnectivityから、最大2台のコンピュータ/デバイスを同時に使用できる、4IN/6OUTのオーディオ/MIDIインターフェイス「AUDIO4c」がリリースされた。

「AUDIO4c」は、ストリーミング、プレイ、レコーディングをサポートするためにデザインされた新しいインターフェイス。4系統のXLR/TRSコンボアナログ入力とプレミアムマイクプリアンプ(48Vファンタム電源供給可能)、4系統のTRSバランスアナログ出力、独立したミックスが可能な1/4インチヘッドホン出力を装備。最大24ビット/96kHzのAD/DA変換に対応。カスタマイズされた3つのモードで、ユーザーのニーズに合わせた設定を即座に呼び出すことが可能だ。


▲左からUSB-MIDI HOSTポート、USB-Cポート×2、MIDI入出力、オーディオ出力×4(1/4インチTRSバランス)。電源は付属の電源アダプター(12V/3A)を使用する。

本体背面に2つのUSB-Cポートを備え、Mac/Windows/iOS/Androidといったコンピューター/デバイスを最大2台接続して同時に使用することが可能。2つのデバイス間でワークフローを共有することができる。付属の変換アダプターを使えばUSB-A端子も接続可能。Lightning 端子を搭載したiOSデバイスには、Apple Lightning - USBカメラアダプタが必要だ。


▲USB-C端子搭載のAndroid/iOS端末はデバイスの接続とともに充電を同時に行うことも可能。スマホアプリをソフトウェア音源やエフェクトプロセッサーとしてPCのDAWで使用することもできる。

▲専用アプリ「Auracle」を使って2つのホスト、アナログ入出力のオーディオ信号をルーティング。

接続されたコンピューター/デバイスとアナログ出力間のオーディオミキシング、ルーティングが可能。専用アプリ「Auracle」の「Stream」ボタンを押せば、すべての入出力をストリーミングに最適化でき、ライブパフォーマンスの配信やZoomなどの電話会議にも活躍する。オーディオ入力をコンピューターやiOSデバイス、Andoroid にミックス、マージするのもカンタン。DAW、ライブマイク、楽器、その他のデバイスからの入力をミックスして、コンピューター、スマホでストリーミング再生することもできる。

iConnectivityの製品らしくMIDI関連機能も充実している。5ピンDINのMIDI入出力に加え、USB-MIDI HOSTポートを装備。USBハブを使用することで、最大8台のUSB MIDIクラス準拠のUSB-MIDI機器を接続することができる。また、コンピューターなしでスタンドアローン起動も可能。オーディオとホスト5ピンDIN+USBクラスに準拠したMIDIのミキシング/マージが行える。

製品情報

◆AUDIO4c
価格:52,800円(税込)
発売日:2021年6月29日
この記事をツイート

この記事の関連情報