【俺の楽器・私の愛機】313「ドラマーがハマるパーカッション的弦楽器!」

ツイート

【SCHETTINI バンジョー・カバコ】(世田谷区 壊れたリズムマシーン 62歳)


パゴージの要といえば、バンジョー・カバコ。弦楽器というよりは、コードを奏でられるパーカッション!  現地ブラジルの達人の火を吹くようなカッティングを初めて聴いた時は脊髄に電気が走りました。私はドラマーですが、パーカッションとしてのバンジョー・カバコに完全にノックアウトされてしまいました。

そんな折、SCHETTINI社製のレアものをオークションで見つけ、一か八かで落札したのですが、届いてみると、ネックがかなりのハイ起き(泣)。当然、トラスロッドなんて入っていないので、一旦指板を削って平らにし、その上にエボニーを貼ってフレットを打ち直しました。かなり大変な作業でしたが、その甲斐あってほぼ完璧な状態に仕上がり、結果オーライとなりました。ボディ材は今では入手困難なジャカランダです。正規のオープンDチューニングにすると、スチール弦のテンションがきつすぎて指先がもたないので、Bまで落として弾いている軟弱ぶりですが、それでも十分楽しめます。



オリジナルのカバコはウクレレ型で、音量を稼ぐためにバンジョー型が作り出されたのですが、ルーツはポルトガルのブラギーニャという楽器です。ハワイに伝わったものはウクレレになりました。しかし、ナイロン弦を指でチャンラチャンラと優雅に弾くウクレレに対し、スチール弦をピックで豪快に掻き鳴らすカバコはまったくの別物。お国柄で楽器はこうも変わるのかと思うと、非常に興味深いです(YouTubeで「banjo cavaco」で検索してみてください。ブラジルのツワモノどもの凄まじいプレイが聴けますよ!)。

   ◆   ◆   ◆



フライパンみたいでかわいい。「火を吹くようなカッティング」とありますが、まさに。カッティング速くて手が見えません。確かに非常にパーカッシブなサウンドなので、弦楽器の発音機構を持ったパーカッションなんだなという印象です。コード感のある打音がほしいと思ったら、これで決まりですね。(JMN統括編集長 烏丸)

★皆さんの楽器を紹介させてください

「俺の楽器・私の愛機」コーナーでは、皆さんご自慢の楽器を募集しています。BARKS楽器人編集部までガンガンお寄せください。編集部のコメントとともにご紹介させていただきますので、以下の要素をお待ちしております。

(1)投稿タイトル
 (例)必死にバイトしてやっと買った憧れのジャガー
 (例)絵を書いたら世界一かわいくなったカリンバ
(2)楽器名(ブランド・モデル名)
 (例)トラヴィス・ビーン TB-1000
 (例)自作タンバリン 手作り3号
(3)お名前 所在 年齢
 (例)練習嫌いさん 静岡県 21歳
 (例)山田太郎さん 北区赤羽市 X歳
(4)説明・自慢トーク
 ※文章量問いません。エピソード/こだわり/自慢ポイントなど、何でも構いません。パッションあふれる投稿をお待ちしております。
(5)写真
 ※最大5枚まで

●応募フォーム:https://forms.gle/XX72yo6Ph3BwqQHE9

◆【俺の楽器・私の愛機】まとめページ
この記事をツイート

この記事の関連情報