【俺の楽器・私の愛機】315「推定年齢100歳超、大先輩の薩摩琵琶」

ツイート

【薩摩琵琶 四弦四柱 無銘】(東京都 二位殿 XX歳)


畑違いは重々承知ですが、三味線を投稿された方もおられるので、思い切って。

琵琶です。その昔、薩摩武士が演奏していた、薩摩琵琶という種類。私の師匠が、15年ほど前に骨董市で見つけ、修理の後、うちにやって来ました。表面は漆塗り。強く打弦する時に撥が当たり、腹板の一部が削れてきているので、いずれは塗り直すことになりそうです。でも、弾き込むほどに澄んだ音色に磨きがかかってきました。特に高音がよく響きます。もう手放せません。一生添い遂げるつもりでいます。


詳しい作者等は不明ですが、琵琶のフォルムや装飾の形などから推定するに、明治末~大正初期の作とのこと。100歳オーバーの大先輩です。実はこの頃、日本国内では、空前の琵琶ブームが起こっていたそうで、その頃にたくさん作られた琵琶が、現在も細々ながら流通しているのです。昨年ブームになった「鬼滅の刃」にも、琵琶を弾く鳴女という鬼が登場しますが、彼女はある意味流行の先端にいたのかもしれません。

ちなみに、1951年にいわゆるエレキ琵琶が開発されましたが、残念ながら現在に至るまであまり浸透していません。エレキ琵琶を使いこなすミュージシャンが現れたら、琵琶の世界も様変わりするかもしれません。


   ◆   ◆   ◆

まず最初に…、畑違いなんてとんでもない。むしろ楽器人スタッフは、このような投稿を待ちわびていました。楽器の種類に垣根なし。ようこそありがとうございまーす。といいながら私自身、薩摩琵琶の知識ゼロ。鹿児島生まれなんだけど。写真を拝見して、バチのデカさにびっくりとか、チューニングは?基本は弾き語りなの?アンサンブルは?とか、ハテナ印ばかりが浮かんでくる。でも、鳴女のおかげで琵琶の音色は誰しも知っていることでしょう。このアタックの強さとヌケの良さは、現代のポップス/ロックの世界でもとっても際立つものですよね。またの投稿、お待ちしてます。(JMN統括編集長 烏丸)

★皆さんの楽器を紹介させてください

「俺の楽器・私の愛機」コーナーでは、皆さんご自慢の楽器を募集しています。BARKS楽器人編集部までガンガンお寄せください。編集部のコメントとともにご紹介させていただきますので、以下の要素をお待ちしております。

(1)投稿タイトル
 (例)必死にバイトしてやっと買った憧れのジャガー
 (例)絵を書いたら世界一かわいくなったカリンバ
(2)楽器名(ブランド・モデル名)
 (例)トラヴィス・ビーン TB-1000
 (例)自作タンバリン 手作り3号
(3)お名前 所在 年齢
 (例)練習嫌いさん 静岡県 21歳
 (例)山田太郎さん 北区赤羽市 X歳
(4)説明・自慢トーク
 ※文章量問いません。エピソード/こだわり/自慢ポイントなど、何でも構いません。パッションあふれる投稿をお待ちしております。
(5)写真
 ※最大5枚まで

●応募フォーム:https://forms.gle/XX72yo6Ph3BwqQHE9

◆【俺の楽器・私の愛機】まとめページ
この記事をツイート

この記事の関連情報