【速レポ】<京都大作戦2021>MAN WITH A MISSION、「ヨリヨイ世界ニ自ラノ手デ変エテヤリマショウ」

ツイート

ほんの少し暑さが和らいだ時間、この源氏ノ舞台に立つのはMAN WITH A MISSIONだ。SEが鳴ると、観客はみなガウポーズで彼らを迎え入れる。そこに飛び込んできたのは、今回観客が差しているオリジナル万能傘を模し“京都大作戦狼出没”と書かれた傘を差した5匹のオオカミ。彼らの心意気に、いちだんと拍手が大きくなったのは言うまでもない。

◆MAN WITH A MISSION 画像

そしてマンウィズが1曲目に選んだのは、10-FEET「super stomper」のカバー。京都大作戦ならではの選曲に観客はコブシをあげる。「俺ラハ溜マリニ溜マッテルンダ、イケルカ!」というジャン・ケン・ジョニー(G,Vo,Raps)の声で観客は一斉にジャンプし、トーキョー・タナカ(Vo)の煽りで体を揺らす。曲中にはTAKUMA(10-FEET)がステージへと飛び込んできて、シンガロングする。


観客のボルテージも期待感も上がったところでドロップしたのは「database feat. TAKUMA(10-FEET)」。ヘヴィでいて気持ちよく跳ねるサウンドに観客も体をバウンスさせ、コブシを掲げ、またハンドクラップする。一気に一体感が増していく会場に、フェスが帰ってきた喜びが増していくようだ。


「オ待タセシマシタ。オ待タセシスギタノカモシレマセン」

そんなどこかで聞いた口上から、「約2年ブリニ夏フェスッテヤツニ帰ッテコレマシタ、京都大作戦ニ帰ッテコレマシタ。鬱憤ガ溜マッテルンデショ!? オ前ラノ鬱憤ヲブッ潰シニキマシタ──」

2年ぶりの京都大作戦に舞い上がったのか、途中甘噛みしながらテンション高くMCするジャン・ケン・ジョニーに思わず会場からは笑いがもれる。こんな空気もいい。


「久々ノ京都、メチャメチャ楽シミニシテマイリマシタノデ、アナタタチモ遠慮セズニ思ウ存分カカッテキナサイ!」

そしてプレイしたのは、6月にリリースしたニューシングル「INTO THE DEEP」だ。重厚でひんやりと低温なエレクトロビートと、人力によるふつふつと湧き上がるような胎動感が生み出すハイブリッドなマンウィズ・サウンドの最新形は、フェスの空間にもバッチリ映える。そして続けざまに「FLY AGAIN -Hero's Anthem-」と「Raise your flag」というテッパンのアンセムを連投。


「FLY AGAIN」で盛り上がるのはもちろんだが、“声の限り叫んで”“きっといつか いつか何処か 辿り着くと信じて”と歌う「Raise your flag」は、現在進行形の毎日にフィットして、力強く響く。こうして日々の誰かのエンジンになっていくことができるのが、音楽の、ロックミュージックの良さだろう。

白熱したプレイを終えメンバーが水を飲む姿にも観客は拍手を送る。「思イ出シマシタワ、夏フェスッテコンナ暑インデスネ……」とジャン・ケン・ジョニーがいい、メンバーが頷く。そしてこの2年間は、コロナ禍で立ち止まることが多かったことを語ったジャン・ケン・ジョニーは、それでも思い返してみれば何もかもが悪かったわけではなく、いろんなことを考えるきっかけになったという。この京都大作戦もここに集った人も、自ら柔軟に形を変えながら、立ち上がって行ったことは素晴らしいと、語った。


「目一杯気ヲツケテ、ダケド、心ノ底カラ楽シンデクダサイ。世界ガドウ変ワロウト、アナタタチノ心ハ変エラレナイ。世界トイウノハアマリニ急激ニ、ソッケナク変ワッテイキマス。ソレヲ元ニ戻スノモ変エテイクノ人間ノ皆サンノナセル技。ドウセ変ワルナラ、ヨリヨイ世界ニ自ラノ手デ変エテヤリマショウ」

この熱い言葉に続いたのは、切り開いていく高揚感とスピード感をまっすぐにビートに乗せた「Change the World」。強靭なスペア・リブ(Dr)とカミカゼ・ボーイ(B)のリズムが、爽快に太陽が丘を駆け抜ける。そしてその勢いのまま「Remember Me」へと突入する。上昇するメロディがポジティヴに響き、DJ サンタモニカが大きく手を振ると、観客も大きく手を振って一体化する。


観客はシンガロングができないのは残念だが、トーキョー・タナカとジャン・ケン・ジョニーのふたりのヴォーカルがいつにもまして立体的に襲いかかってくるパワーがある。バンドが放つダイナミズムが、よりリアルに、そして豪速球で胸に打ち込まれるようなステージ。2年分のエネルギーは、凄まじい。


取材・文◎吉羽さおり
撮影◎酒井ダイスケ

【MAN WITH A MISSION セットリスト】

M1.super stomper
M2.database feat. TAKUMA(10-FEET)
M3.INTO THE DEEP
M4.FLY AGAIN -Hero's Anthem-
M5.Raise your flag
M6.Change the World
M7.Remember Me

<京都大作戦2021~中止はもう勘弁してくだ祭(マジで)~>

2021年7月3日(土) 、4日(日)、10日(土)、11日(日)
京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
OPEN 9:30 / START 11:00
※終演時間=各日20:00 予定 ※雨天決行/荒天中止

【出演アーティスト ※50音順】
▼7月3日
【源氏ノ舞台】
岡崎体育 / Ken Yokoyama / coldrain / 10-FEET / Dragon Ash / ハルカミライ / MAN WITH A MISSION
【牛若ノ舞台】
COUNTRY YARD / climbgrow / J-REXXX BAND / SCAFULL KING / TOTALFAT / Vaundy
▼7月4日
【源氏ノ舞台】
氣志團 / THE ORAL CIGARETTES / SUPER BEAVER / dustbox / 10-FEET / Hump Back / マキシマム ザ ホルモン
【牛若ノ舞台】
ENTH / OAU / kobore / THE冠 / TETORA / 花団
■7月10日
【源氏ノ舞台】
打首獄門同好会 / ウルフルズ / SHISHAMO / 10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ / HEY-SMITH / ROTTENGRAFFTY
【牛若ノ舞台】
Unblock / Suspended 4th / NAMBA69 / HERO COMPLEX / 夜の本気ダンス / LABRET
■7月11日
【源氏ノ舞台】
Creepy Nuts / G-FREAK FACTORY / SiM / 10-FEET / back number / ヤバイTシャツ屋さん / WANIMA
【牛若ノ舞台】
上江洌.清作 & The BK Sounds!! / Age Factory / SHADOWS / SHANK / Hakubi / LONGMAN

▼チケット料金
1日券9,878円(税別) /前2日券 19,690円(税別) /後2日券 19,690円(税別)
※オリジナル万能傘/オリジナルラベル除菌スプレー付き
※チケットのお申し込み・ご来場に際しては、オフィシャルサイト等の注意事項及び感染症ガイドラインを必ずご確認ください。

▼チケットに関するお問い合わせ
[問]京都大作戦チケットセンター
https://ticket-every.jp/kyotodai/contact/

▼公演に関するお問い合わせ
[問]サウンドクリエーター https://www.sound-c.co.jp
電話でのお問い合わせ:06-6357-4400 (月・金12:00~15:00 ※祝日を除く)
メールでのお問い合わせ:https://www.sound-c.co.jp/contact/


この記事をツイート

この記事の関連情報