【速レポ】<京都大作戦2021>マキシマム ザ ホルモン「この景色に、我々、テンションが上がっております!」

ツイート

おなじみのSEと同時に、一斉に響くハンドクラップ、掲げられるメロイックサイン。それに応えて登場した4人は、それぞれ力のみなぎった表情やにこやかな笑顔で応え、挨拶代わりにドカーンとフルパワーでバンドサウンドを轟かせた。

◆マキシマム ザ ホルモン 画像

「<京都大作戦>、イケるかー! 2年分の全て吐き出せ!!」──ダイスケはん

高まるテンションで声を歪ませるダイスケはんの叫び声が、ライブスタートの合図だった。「恋のメガラバ」が始まるや、全身全霊で曲に食らいつく腹ペコ諸君。モッシュもダイブもできないが、腹ペコ諸君には上半身をガックンガックン折り続ける激しいヘドバンがある。腕がもげるぐらい上下させるモンキーダンスもある。サビで入れるリズム感のいいハンドクラップだってある。<地獄絵図>という、ほとんどドMの境地とも呼べる特別ギグも大好物な腹ペコ諸君にとって、コロナ禍の状況も、あまり関係ないのかも。すっかり夏気分の太陽が容赦なく降り注いでくる灼熱も、ごほうびみたいなもんだ。


「イヤー!」とナヲの叫び声で曲のエンディングを締めくくったところで、上のほうを見上げて言葉を続ける。「ちょっと待って、晴れてんじゃん」すると、ダイスケはんは「誰よ、晴らしたの。教えてちょーだい」と、おネエ口調。それに釣られて、ナヲもおネエ口調で「あんたたちなの? 日頃の行いがいいのよッ」と腹ペコ諸君を褒めたたえる。そして、おネエ口調になってしまった謎も解けた。「ごめんなさいね。この景色に、我々、テンションが上がっております! フェスが再開されて、フェス何本かやらせてもらったんですけど、やっぱり太陽が丘のこの景色は、スペシャルやなー!」とナヲが言えば、「唯一無二」とダイスケはん。二人の言葉に、その通りと言うようにうなずくのはマキシマムザ亮君や上ちゃん。全員が同じ気持ちだ。それを確かめ合って、ナヲが待ちきれないように叫ぶ。

「やろうぜ、京都! 三度のメシよりメシが好き!! こんにちわ、マキシマム ザ ホルモンです」──ナヲ


ダイスケはんもガンガンに煽りながら「ハングリー・プライド」へ突入。みんなが暴れられない分、ダイスケはんが腕をグルングルン回したり、空中をキックしまくったり、ステージ上で体力の限界まで暴れる。客席エリアでは、決められたスペースを守りながら頭をブン回す腹ペコ諸君。その強烈なエネルギーのやり合い、やり取り、それはマキシマム ザ ホルモンと腹ペコ諸君だけが作り出せる狂乱のカオスだ。

最近はテレビ出演のときに美魔女オーラをまとっているナヲだが、マキシマム ザ ホルモンでドラムをぶっ叩くときは、やはり強い女=アマゾネスである。アマゾネスドラミングに、極悪グルーヴを食わるように上ちゃんがベースを、そしてキレと重みあるリフでマキシマムザ亮君はギタープレイを決める。強靭なホルモンサウンドこそ、腹ペコ諸君にとって最高のごちそうだ。


「すげー楽しい。君たちもそうやと思うし、多くの人たちがそうやと思う。2年ぶりの大作戦、すげー楽しみで」。その楽しみをもっと分かち合おうとマキシマム ザ ホルモンが用意していたのは、“第1回チキチキ…”などという、どっかで聞いたことあるバラエティ番組の1コーナー。しかも「ライオンちゃん、あれ持ってきて」と、これまた某番組のパクりっぽい展開。なにが始まると思ったら、「祟り君〜タタリくん〜」を歌うメンバーをサイコロで決めるという、自称=夏の恒例企画。

マキシマムザ亮君にサイコロの目が止まり、原曲バージョンの「祟り君〜タタリくん〜」が披露され、軽快なロックンロールに楽しさもハジける。ところがエンディングで、「2年ぶりの<京都大作戦>、これだけではありません」と畳みかけるのはダイスケはん。ゲストとして呼んだのは、これから本番を控えるSUPER BEAVERの渋谷龍太だった。さすが、メロディを大切に、お見事な歌。次に呼び込んだのは、ライブ直後で疲れているであろうTHE ORAL CIGARETTESの山中拓也。これまたムチャ振りと思われたが、嬉々として歌い、しかも“いつもの大作戦のように”と歌詞をアレンジまでする山中。そして、大作戦といえばということで、ラストは10-FEETのTAKUMA。声を太めに、ちょいソウルフルな感じも出しつつ歌いあげた。


▲マキシマム ザ ホルモン オフィシャル Instagram (https://www.instagram.com/mth_official_33cjl/) では『第一回チキチキ! 祟り君 俺ならこう歌う in 京都大作戦』のステージコラボ写真を公開中。

「やっぱTAKUMA、最後を持っていく。さすが、10-FEET。<京都大作戦>、開催してくれてありがとう!」──ダイスケはん

ダイスケはんのその言葉に大拍手も起こり、京都大作戦が今、実現していることを改めて祝福する腹ペコ諸君。こうした狂乱の宴を締めくくるのは、もちろんあのおまじないだ。「麺カタコッテリ!」の合言葉を決め、全員でのけぞる。丘の上にいるオーディエンスも、グイッとのけぞるという異様にして、素晴らしき光景が太陽が丘に広がった。「恋のスペルマ」では、綾小路 翔、dustboxのSUGA、10-FEETのTAKUMA、バスタオルを胸を隠すような女性巻きした姿で花団のメンバーなど、ダンサーとして勝手に飛び入り。楽しむことに飢えた腹ペコなオーディエンスの全てを、マキシマム ザ ホルモンと大作戦軍団が満足させていった。


「伝説はまだまだ続く。来年思いっきり楽しめるように、このミッション、まだまだ続くぜ。また会おうぜ」──ナヲ

ナヲの言葉もまた心ニクい。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎浜野カズシ

【マキシマム ザ ホルモン セットリスト】

M1. 恋のメガラバ
M2. ハングリー・プライド
M3. 鬱くしき人々のうた
M4. 祟り君~タタリくん~マキシマムザ亮君
M5. 祟り君~タタリくん~(feat.渋谷龍太 from SUPER BEAVER)
M6. 祟り君~タタリくん~(feat.山中拓也 from THE ORAL CIGARETTES)
M7. 祟り君~タタリくん~(feat.TAKUMA from 10-FEET)
M8. 恋のスペルマ

<京都大作戦2021~中止はもう勘弁してくだ祭(マジで)~>

2021年7月3日(土) 、4日(日)、10日(土)、11日(日)
京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
OPEN 9:30 / START 11:00
※終演時間=各日20:00 予定 ※雨天決行/荒天中止

【出演アーティスト ※50音順】
▼7月3日
【源氏ノ舞台】
岡崎体育 / Ken Yokoyama / coldrain / 10-FEET / Dragon Ash / ハルカミライ / MAN WITH A MISSION
【牛若ノ舞台】
COUNTRY YARD / climbgrow / J-REXXX BAND / SCAFULL KING / TOTALFAT / Vaundy
▼7月4日
【源氏ノ舞台】
氣志團 / THE ORAL CIGARETTES / SUPER BEAVER / dustbox / 10-FEET / Hump Back / マキシマム ザ ホルモン
【牛若ノ舞台】
ENTH / OAU / kobore / THE冠 / TETORA / 花団
■7月10日
【源氏ノ舞台】
打首獄門同好会 / ウルフルズ / SHISHAMO / 10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ / HEY-SMITH / ROTTENGRAFFTY
【牛若ノ舞台】
Unblock / Suspended 4th / NAMBA69 / HERO COMPLEX / 夜の本気ダンス / LABRET
■7月11日
【源氏ノ舞台】
Creepy Nuts / G-FREAK FACTORY / SiM / 10-FEET / back number / ヤバイTシャツ屋さん / WANIMA
【牛若ノ舞台】
上江洌.清作 & The BK Sounds!! / Age Factory / SHADOWS / SHANK / Hakubi / LONGMAN

▼チケット料金
1日券9,878円(税別) /前2日券 19,690円(税別) /後2日券 19,690円(税別)
※オリジナル万能傘/オリジナルラベル除菌スプレー付き
※チケットのお申し込み・ご来場に際しては、オフィシャルサイト等の注意事項及び感染症ガイドラインを必ずご確認ください。

▼チケットに関するお問い合わせ
[問]京都大作戦チケットセンター
https://ticket-every.jp/kyotodai/contact/

▼公演に関するお問い合わせ
[問]サウンドクリエーター https://www.sound-c.co.jp
電話でのお問い合わせ:06-6357-4400 (月・金12:00~15:00 ※祝日を除く)
メールでのお問い合わせ:https://www.sound-c.co.jp/contact/


この記事をツイート

この記事の関連情報